これだけVIP装備でも価格460万円! ホンダ新型オデッセイ、最上級グレードがおすすめの理由とは

画像ギャラリーはこちら
子育てが大変な時期だけど、自分たちの楽しみもあきらめたくない、30代。

そんなファミリーが思い切って買い替えを検討するなら、ビッグマイナーチェンジで見た目も中身も進化した、元祖走り系ミニバンのホンダ オデッセイがオススメです。

目次[開く][閉じる]
  1. 遂にでたホンダ 新型オデッセイ! パパへのおすすめグレードはe:HEV ABSOLUTE EX
  2. 新型オデッセイ、e:HEV ABSOLUTE EXがおすすめの2つの理由
  3. 普通のハイブリッドではなく“EX”を! 価格差29万円でも装備充実度は圧倒的

遂にでたホンダ 新型オデッセイ! パパへのおすすめグレードはe:HEV ABSOLUTE EX

ホンダ独創の超低床プラットフォームによって、見た目から想像するより室内はとっても広々。

でも低全高ならではの爽快で上質な走りもミニバントップクラスなんです。

そんなNewオデッセイで30代ファミリーにおすすめのグレードは、ハイブリッドモデルの「e:HEV ABSOLUTE EX」458万円。

雪国暮らしのファミリーは四駆ガソリンモデルを!

FFで7人乗りのみなので、積雪地域にお住いのファミリーにはガソリンモデルの「ABSOLUTE EX」の4WD、392万9400円をおすすめしますが、そうでなければ「e:HEV ABSOLUTE EX」が最強なのです。

新型オデッセイ、e:HEV ABSOLUTE EXがおすすめの2つの理由

その理由はまず、安全&運転支援システムの充実度。オデッセイのベースグレードは、ガソリンモデルで7人乗りと8人乗りが選べる「ABSOLUTE」358万3000円(4WDは8人乗りのみ)。

渋滞追従機能付きACC搭載はハイブリッドモデルのみ!

ガソリンの上級グレードに、FFが7人乗りで4WDが8人乗りとなる「ABSOLUTE EX」381万5000円(4WDは392万9400円)があります。

ここで注意したいのが、ガソリンモデルのどちらにもHonda SENSINGは標準装備となるものの、全車速で追従してくれる「渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール」の渋滞追従機能はハイブリッドモデルのみとなってしまうのです。

ハイブリッドなら電子制御パーキングやオートブレーキホールドも完備!

また、電子制御パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能もガソリンモデルには付かないのです。

燃費もガソリン(FF)が12.4km/L(WLTCモード)なのに対して、ハイブリッドは20.2km/L(8人乗り)とかなり違うので、休日にロングドライブをすることを考えたら、e:HEVを選ぶのがベターかなと思います。

普通のハイブリッドではなく“EX”を! 価格差29万円でも装備充実度は圧倒的

で、ハイブリッドモデルにはもう1つ、「e:HEV ABSOLUTE」428万6000円(7人乗り)419万8000円(8人乗り)があるんですが、これまた装備がちょっと変わってきます。

EXがおすすめの理由 その1:安全運転をサポートするアイテムが標準装備

「e:HEV ABSOLUTE EX」には標準装備のLEDアクティブコーナリングライトや、後退出庫サポート、ブラインドスポットインフォメーションといった、安全運転にかかわる装備が、「e:HEV ABSOLUTE」では省かれてしまいます。

その2:快適機能もまるっと標準装備

さらに、足の動きだけでバックゲートの開閉ができる「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」も、3列目シートまで独立してエアコンの調整ができる「トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナー」も、100VのAC電源や運転席&助手席シートヒーターも、標準装備なのは「e:HEV ABSOLUTE EX」だけ。

その3:助手席パワーシートや大型アームレストも!

おまけに助手席パワーシートや運転席大型アームレスト、センターコンソールボックスや2列目LEDアンビエントランプまで、「e:HEV ABSOLUTE」にはオプション設定さえないんですから、29万4000円の価格差くらい安いと思えてきませんか?

これらの装備がせめて、オプションで好きなものだけ選べるようになっていたら、もしかすると「e:HEV ABSOLUTE」でよかったかもしれないですけどね。

“手でシュッと”開けれるスライドドアは全車標準装備

ちなみに新しいオデッセイの目玉装備となっている、LEDの光とジェスチャー操作でスライドドアが自動開閉できる「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」は全車に標準装備となっています。

新型オデッセイ おすすめオプションは水滴クリーナー! 雨の日でもリアカメラ映像をクリアに

そしてオススメのオプション装備は、せっかくフルでつけた安全装備を確実に使うためにも、地味だけど大事な「リアカメラ no 水滴クリーナー(リバース連動)」1万4300円。

これで雨の日のリアカメラ映像もクリアで安心です。より上質に便利になったオデッセイで、自分の楽しみも家族の時間も大切にできそうですね。

[筆者:まるも 亜希子]

毎週水曜日はダディ×マミー!

MOTA毎週水曜日連載コーナー「ダディ×マミー」では、世のイケパパ・ママたちへ様々なカーライフネタをお届け!

当企画では、様々な車種を設定した人物象へ向けて“イチオシのグレード”をご紹介!

次の更新は11月18日(水)。次回もお楽しみに!

▼前回はトヨタ 新型ルーミーをご紹介!

▼最新TOP3

ホンダ/オデッセイ
ホンダ オデッセイカタログを見る
新車価格:
349.5万円458万円
中古価格:
16.2万円455.6万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ オデッセイの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ オデッセイのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ オデッセイの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ オデッセイの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ オデッセイのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる