武骨カッコイイ! イケメンな「クロカン4WD」3選!

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
クロカンとは、「クロスカントリー車」「クロスカントリービークル」を略した呼び方です。

オフロード性能が問われるクロカンの中でも、見た目も中身もイケメンな車種を3つピックアップしていきましょう!

>>マッチョで美しい武骨イケメンなクロカンを写真で見る![69枚]

目次[開く][閉じる]
  1. そもそもクロカンって?
  2. ランドローバー「ディフェンダー」
  3. メルセデス・ベンツ「Gクラス」
  4. ジープ「ラングラー」
ディフェンダーの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

そもそもクロカンって?

クロスカントリー、つまり舗装されていない「オフロード」を走るための車を総じてクロカンと呼びます。

クロカンの多くはラダーフレームが採用されており、ラダーフレームはボディにダメージがあってもフレームさえ無事であれば問題なく走り続けられるような造りとなっています。ハードに走るクロカンには最適なフレームなんですね。

このほか岩などでガレた路面でも、衝撃を吸収しつつ、前へ前へと進めるようなストロークの長いサスペンションなどが組み込まれているのがクロカンの特徴です。

ランドローバー「ディフェンダー」

最初のイケメンは、ランドローバー「ディフェンダー」です。

まずこのフロントフェイス。タフそうなゴツいアゴ周りにキリっとした眼光が、思わず頼りたくなる感じです。

では中身はどうでしょう?もちろん中身もイケメン。

パワートレインには300馬力/最大トルク400Nmの2.0リッター直列4気筒ガソリンを搭載。スタートストップや回生エネルギーの再利用など、最新テクノロジーをフルに採用。

ランドローバー伝統のフルタイム4輪駆動(AWD)を採用しており、砂地や草地、雪道などの厳しい路面でも前後輪のトルク配分を調整して、安定した走りを実現。

電子制御エアサスペンションは水深90cmですら渡れる走破性を持ちながらも、標準より4cm下げて乗り降りがしやすくなったりと、優しい一面を持つイケメンっぷり。3Dサラウンドカメラとウェイドセンシングが水深の把握をサポートしてくれるなど、テクノロジーも最先端。

エマージェンシーブレーキ、レーンキープアシスト、クルーズコントロール機能を装備するなど、もしもの時にも安心。外見も中身もイケメンということが伝わったでしょうか。

力強いけどどこか品のある・・・俳優に例えるならジェイソン・ステイサムでしょうか。

▼ディフェンダーの画像だけ見たい人はこちら!

>>「ランドローバー ディフェンダー」のフォトギャラリーはこちら!

▼以下はランドローバー ディフェンダーの関連記事です!

メルセデス・ベンツ「Gクラス」

続いてのイケメンは、メルセデス・ベンツ「Gクラス」です。

エクステリアはスクエアなフォルム、丸型ヘッドライト、張り出したフェンダーなど、一目でGクラスと解るデザイン。

都会にもマッチする渋いイケメンですが、もちろんダートでも快適性が高く、岩山などの凹凸を超える際でもクルマが大きく揺すられることもなく乗り手を支えてくれます。

パワートレインには286馬力、最大トルク600Nm(1200〜3200rpm)のスムーズな加速をもたらす直列6気筒クリーンディーゼルエンジンの「G350d」とV8 4リッター直噴ツインターボエンジンのが422馬力/610Nmの「G550」、AMG「G63」は585馬力/850Nmのパフォーマンスを発揮。

オンロードとオフロード性能を高次元で両立し、どんな場所でも頼りになる力強さも備えています。

都会的なシーンや泥臭いダートというアクションでも映えるイケメン・・・例えるなら、マット・デイモンでしょうか。うーん難しい。

▼「メルセデスベンツ Gクラス」の関連記事はこちら!

▼画像だけ見たい人はこちら!

>>「メルセデスベンツ Gクラス」のフォトギャラリーはこちら!

ジープ「ラングラー」

最後のイケメンは、こちらもGクラスと同様に、基本フォルムを変えずに磨き上げられてきた、アイコニックなデザインを持つジープ「ラングラー」です!

もちろんイケメンなのはルックスだけではなく、そのスクエアなキャビンは、オフロードでの取り回しのしやすさのみならず、様々なギアを飲み込む高い積載性と機能性を有しています。

そしてクロカンに大事なオフロード性能も高く、足つきのよいサスペンションと、強固なラダーフレームシャシーの走破性によって、存分に悪路を楽しむことが出来ます。

特徴的なシルエット、ムキムキの肉体・・・そんなジープ ラングラーを皆さんなら誰に例えますか?

▼画像だけ見たい人はこちら!

>>「ジープ ラングラー」のフォトギャラリーはこちら!

▼「ジープ ラングラー」の関連記事はこちら!

ランドローバー/ディフェンダー
ランドローバー ディフェンダーカタログを見る
新車価格:
467.5万円489.5万円
中古価格:
405.8万円1,150万円
メルセデス・ベンツ/Gクラス
メルセデス・ベンツ Gクラスカタログを見る
新車価格:
1,192万円1,716.5万円
中古価格:
268万円2,550万円
ジープ/ラングラー
ジープ ラングラーカタログを見る
新車価格:
490万円625万円
中古価格:
65万円821.3万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ランドローバー ディフェンダーの最新自動車ニュース/記事

ランドローバーのカタログ情報 ランドローバー ディフェンダーのカタログ情報 ランドローバーの中古車検索 ランドローバー ディフェンダーの中古車検索 ランドローバーの記事一覧 ランドローバー ディフェンダーの記事一覧 ランドローバーのニュース一覧 ランドローバー ディフェンダーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる