コロナ禍でサンルーフ人気が再燃! 今新車で買えるサンルーフ付きSUV5選

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
コロナウイルス禍の今、密を避けるために自家用車のニーズが高まっている。

そんな中でも自家用車の開放感が高まるアイテムがサンルーフだ。

サンルーフのメリットは開閉式のものであれば換気ができ、オープンカーのように楽しめることと、車内の明るさが確保されることが挙げられる。

かつてのブームほどではないが、なかには軽自動車にも採用されていることから高級装備というイメージも無くなってきている。

目次[開く][閉じる]
  1. トヨタのフラッグシップSUV、大人気のランドクルーザーにも設定
  2. アウトドアレジャーの相棒にうってつけ! 日産 エクストレイル
  3. 2種類のサンルーフを用意! トヨタ RAV4
  4. マツダの人気SUV、CX-5にも装備!開閉スペースが小さいことが難点
  5. レジャー先での気分も高まる! 三菱 アウトランダーPHEV

トヨタのフラッグシップSUV、大人気のランドクルーザーにも設定

2021年8月にデビューしたばかりのランドクルーザー300にも過去モデルから備わっているサンルーフが設定された。

ZXとGRスポーツにはリモコン機能付きのチルト&スライド電動ムーンルーフ(UVカット機能付きプライバシーガラス&挟み込み防止機能付き)が標準装備される。

また、VXとAXはオプション設定となり、AXにはリモコン機能がつかず、それ以外のグレードには装備できないなどの制約があるため注意が必要だ。

アウトドアレジャーの相棒にうってつけ! 日産 エクストレイル

2013年に登場したアウトドアレジャーを楽しむ若者に人気の日産 エクストレイル。20Xiグレードにはメーカーオプションとしてパノラミックガラスルーフ(電動チルト&スライド、電動格納式シェード付き)が設定される。

すでに中国や米国では次期型が発表されているが、日本での公表はまだない。ちなみに米国でデビューしたエクストレイルに当たる「ローグ」にはサンルーフの設定があることから、次期型が日本でデビューする際にはサンルーフの装備も継続されるだろう。

2種類のサンルーフを用意! トヨタ RAV4

トヨタの人気SUVであるRAV4には2種類のサンルーフが設定されている。最上級グレードのアドベンチャー、G"Z パッケージ"、G、ハイブリッドGにはパノラマムーンルーフ(チルト&スライド電動(フロント側)/挟み込み防止機能付き)がメーカーオプションで装備される。

XとハイブリッドXにはチルト&スライド電動ムーンルーフ(挟み込み防止機能付き)で用意される。

価格(税込)はそれぞれパノラマムーンルーフが14万3000円、チルト&スライド電動ムーンルーフが11万円と高価だが、RAV4の広い室内がさらに開放的になり、レジャーにもってこいの装備と言える。

マツダの人気SUV、CX-5にも装備!開閉スペースが小さいことが難点

手頃なサイズ感が人気のCX-5にはXDシルクベージュセレクションとXDブラックトーンエディション、XD Lパッケージ、XDエクスクルーシブモードのAT車のみメーカーオプションで設定できる。

しかし、CX-5はボディサイズも大きくないため、サンルーフの開閉スペースは前席の一部のみとなってしまう。

レジャー先での気分も高まる! 三菱 アウトランダーPHEV

3代目となる新型モデルは2021年冬に登場予定だが、現行モデルではS Editionで電動ガラスサンルーフ(チルト&スライド・セーフティ機構付き)が標準装備、それ以外のグレードではメーカーオプションとして電動サンルーフが装着できる。

レジャーでの活躍も注目されるPHEVだけに、サンルーフの装備は室内にいながらにしてレジャー感覚が味わえる装備と言えるだろう。

【筆者:MOTA編集部】

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる