カーシェアはコロナ禍で需要増! 一番の理由は「公共交通機関を避けた移動」が手軽にできることだった

画像ギャラリーはこちら
長期休み中、レジャーなどでも密にならないよう、自家用車を所有していない人でもクルマを利用して外出しようと考えている人がいるかもしれない。

1年半以上に及ぶ新型コロナウイルス感染拡大による影響で、カーシェアやレンタカーサービスの利用者や利用率に変化はあるのだろうか。またコロナ対策として、どのような対策が講じられているのだろうか。

今回はカーシェア大手のパーク24とDeNA SOMPO Mobilityの2社に話を聞いた。

目次[開く][閉じる]
  1. カーシェア事業のタイムズカーでは移動手段の代替利用が最も多い
  2. 個人会員では買い物や送迎など近場の利用が増えていた
  3. 個人間カーシェアAnycaはドライブや近場の旅行にも使われている

カーシェア事業のタイムズカーでは移動手段の代替利用が最も多い

タイムズカーを運営するパーク24では、利用方法に変化はあるが、タイムズカーの会員数は順調に増加しており、2019年8月末から2021年8月末の2年間で約40万人増加したという。2021年8月末時点の会員数は167万人以上と好調だ。

この要因として、人と密接する可能性が高い公共交通機関などの利用を控え、「カーシェアを移動手段として代替利用する」人が増えていることが大きい。個人会員では買い物、法人会員では通勤などでの利用が増えているようだ。

法人会員は、テレワークを導入される企業が増えたことで、自宅近くからカーシェアリングを利用し、直行直帰するなどの利用も増加しているという。

個人会員では買い物や送迎など近場の利用が増えていた

タイムズモビリティでは2020年7月に「緊急事態宣言期間中のカーシェア利用意向に関するアンケート」を実施。コロナ禍にカーシェア利用が増えた人のうち、約8割が電車の代替えとして利用していたという結果もある。利用が増えた要因としては「買い物」が最も多く、次に「駅などの送迎に利用」、「出勤に利用」と続いた。

また、コロナ感染対策としては、定期巡回時にユーザーが手を触れる部分を中心に清掃・消毒作業を強化している。また、使い捨ての除菌ウェットティッシュを車載し、ユーザー自身でも清掃を行えるようにしている。

個人間カーシェアAnycaはドライブや近場の旅行にも使われている

次に紹介するのはDeNA SOMPO Mobilityが運営する個人間カーシェア「Anyca(エニカ)」。2021年6月末時点での累計登録台数は1000車種以上、2万台以上、累計登録会員数は50万人以上と順調に伸びている。

その要因として利用者側としては、「コロナ禍で公共交通機関を避けたい」「自宅近くでシェアできる」「マイクロツーリズム(地元など小規模なエリアで行う限定的な旅行)の流れ」「どこか目的地に行くためではなく、オープンカーやスポーツカーの運転を楽しみたい」といったニーズがある。

また、貸し手側からも「コロナ禍で使われなくなったクルマをシェアして維持費を軽減したい」などといったニーズがあるようだ。昨年の緊急事態宣言時にはオープンカーの利用が伸びていたという。

コロナウイルス感染防止策としては、個人間同士でカーシェアするクルマ最大300車種のカギをスマートフォンで開けることができるシステム「AnycaKEY」を導入。個人間カーシェアの最大のネックである受け渡し時の煩わしさを解消でき、コロナ対策としての非対面ニーズも取り込んでいる。

また、コロナ禍で使用されなくなった法人車両のカーシェアも自治体や地場企業などに募集をかける実証実験も実施している。

新型コロナウイルスの感染拡大によって人々の生活が変化するなか、カーシェア事業においてはクルマを所有していない人を中心に需要が増えているようだ。

また今回紹介した2社では感染対策もしっかりと講じられており、ユーザーとしても安心して車両を使えることが、利用増につながっているのではないだろうか。

【筆者:篠田 英里夏】

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 時音の宿 湯主一條

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる