元整備士イチオシ! パパ・ママ友に200万円以下で“ドヤれる外車”【ダディ×マミー】

画像ギャラリーはこちら
世の中には、多種多様な車種が存在し、どの車もそれぞれ特質のある魅力を持っているものです。このコーナーでは、そんな数多くある車種の中から、リーズナブルな価格で購入できる中古車の外車をご紹介しています。
目次[開く][閉じる]
  1. 伝統と格式の英国プレミアムブランド“ジャガー”
  2. ジャガー XE 3つのドヤポイント
  3. ジャガー XEを買うなら注意してほしいポイント

伝統と格式の英国プレミアムブランド“ジャガー”

今回ご紹介するのは、英国紳士のような気品と、サラブレッドのような出で立ちが美しいジャガー XEです。

ご存じのように、ジャガーはイギリスの高級自動車メーカーで、その歴史はおよそ100年前の1922年にまで遡ります。

そんな、自動車の創成期から続くジャガーですが、2008年からはインドのタタモーターズ傘下となり、メーカーとして大きな変化を迎えます。

そんな中誕生したジャガー XEは、BMW 3シリーズやメルセデス・ベンツ C クラスと同じDセグメントに分離されるミドルアッパーセダン。

SUVやミニバンが主流の日本ではあまり人気のあるクラスではありません。

だからこそ、人とは違った個性と満足感をお得に手にすることができます。

▼最新のジャガー XEはこちら

ジャガー XE 3つのドヤポイント

ドヤポイント その1:ほかのメーカーには無いジャガー独自の高級感

往年のジャガーというイメージとは異なるものの、いかにもスポーツサルーンらしいボディラインは、どのメーカーとも被りません。それでいて、近年押し出し感の強い顔立ちが好まれる中、開口部が大きすぎないグリルや、メッキパーツを多用していないところも好感が持てます。

高級感だけじゃなく個性が欲しいママさんにおすすめ!

ただ単に高級感だけを求めるのであれば、その選択肢はほぼ無限にあるといっても良いかもしれません。

日本ではあまり認知されていないジャガー XEですが、「良く知らないけどイイ車だ!」ということは多くの人に伝わることでしょう。

ドヤポイント その2:シャキッとしてるのに乗り心地の良いサスペンション

ジャガー XEが2015年に登場した際、話題となったのは、ボディの75%に軽量高剛性のアルミを使用していることでした。

また、リアサスペンションも新設計されたインテグラルリンクサスペンションを採用することで、タイヤがしっかりと路面を捉え、乗り心地が良くしなやかでありながら、シャキッとした安心感がある足に仕上がっています。

▼ジャガー XEの乗り心地・使い勝手をチェック

走ることが好きなパパさんにおすすめ!

乗り心地が良いとは言っても、往年のややアメ車寄りなテイストではありません。あくまでスポーツサルーンであるため、ある程度の固さは保っており、その分絶妙に締め上げられたハンドリングを楽しむことができます。

ドヤポイント その3:シンプルで先進的なインテリア

ジャガーのエントリークラスであるため、いわゆる豪華絢爛なインテリアではなく、シンプルでクリーンな印象で、必要な操作系があるべきところに配置され、初めて外車に乗る方でもそれほど違和感なく使うことができます。

▼ニュル最速!? のXEも

ギミック好きのパパさんにおすすめ!

シンプルでクリーンなインテリアと書きましたが、そこはジャガー。XEのシフトセレクターはレバーではなくダイヤル式!

さらにそのダイヤルは、エンジンONでせり上がり、エンジンOFFで自動的にパーキングになり格納されます。

ジャガー XEを買うなら注意してほしいポイント

今回のジャガー XEに限ったことではありませんが、外車を買う上で心配になるのが故障しやすいのではないかということでしょう。確かに、何もしなくてもほとんど不具合の起きない国産車とは違い、こまめなメンテナンスや点検は必要です。また、ユーザーが求めている価値観も違うため、ブレーキ鳴きがしやすいといった特徴もあります。

そのため、しっかりと保証の付いた中古車を選ぶのはもちろん、信頼できる販売店から購入することが大切です。しかし、ジャガー XEなら200前後の予算で保証付きの中古車を選ぶことができ、ジャガーらしくジェントルでありながらスポーティな感覚を楽しむことができます。

▼中古車を買うときに見るべき・注意すべきポイントとは

車は夢を与える存在であってほしい

今回ご紹介したXEは、一般的な乗用車と同じような感覚、さらに200万円前後という予算で、特別な時間を過ごすことができる数少ない1台。

車は生活の足であるだけじゃなく、ある時は夢を実現させる目標になり、心の奥からワクワクやドキドキを湧き立たせてくれる存在です。

自粛自粛で下を向きがちな今だからこそ、乗りたい車に乗る楽しさを想像してみてはいかがでしょうか。

[筆者:増田 真吾]

毎週水曜日はダディ×マミー!

当企画では、「〜万円以下でパパ・ママ友にドヤれる外車」をテーマに、選定した外車(中古車/MOTA調べ)の魅力を「ドヤポイント」と称して、サクッと紹介していきます。

次の更新は5月20日(水)。次回もお楽しみにー!

手短にドヤ車をチェック! ダディ×マミーまとめ

マイカー査定、まだ鬼電くらってますか?

MOTAでは車買取査定あるある「ひたすら電話鳴る」を極限まで抑え、申込み後日にはマイカーの売却価格を知れるMOTA車買取を展開しています!

連絡してくれるのは一括査定した数ある買取社のなかでももっとも高額な2社だけ。

MOTA車買取はこちら

外出自粛の今だからこそ、簡単45秒の買取エントリーでMOTA車買取でめんどくさい鬼電を避け、スマートにマイカー買取申込をしちゃいましょう!

「営業電話のストレスなく売りたい!」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒で入力が完了します!

MOTA車買取はこちら

ジャガー/XE
ジャガー XEカタログを見る
新車価格:
539万円736万円
中古価格:
163万円718万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
増田 真吾
筆者増田 真吾

和太鼓とROCKを愛する自動車ライター。国産車ディーラー、車検工場でおよそ15年自動車整備士として勤務したのち、大手中古車販売店の本部業務を経験。その後、急転直下で独立しフリーの自動車ライターに転身。国家資格整備士と自動車検査員資格を保有し、レースから整備、車検、中古車、そしてメカニカルな分野まで幅広い知見を持つ。昔の彼女が付けた肩書は「熱血太鼓車バカ」。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ジャガー XEの最新自動車ニュース/記事

ジャガーのカタログ情報 ジャガー XEのカタログ情報 ジャガーの中古車検索 ジャガー XEの中古車検索 ジャガーの記事一覧 ジャガー XEの記事一覧 ジャガーのニュース一覧 ジャガー XEのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる