軽自動車の「衝突安全性能」、その現実は!?【I LOVE 軽カー】(2/2)

実際に第三者機関が行った衝突実験の評価結果を見ることができる

ところで、ニュースなどで事故を起こした車両を見ると、あまりにボンネットがつぶれているのに「乗員は軽いけがで済んだ」と聞いて驚くことはないだろうか?

実は、そのつぶれたボンネットに大きな意味がある。つぶれることで事故の衝撃エネルギーを吸収し、逆に居住スペースは頑丈に作って変形を抑えて乗員を守る構造になっているのだ。それが衝撃吸収ボディである。

衝撃吸収ボディによる乗員保護性能の良し悪しは実際に事故を起こしてみないとわからない……のは半分事実であるが、実は目安となる評価があって公開されている。独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)がおこなっている、「JNCAP」と呼ばれる評価試験だ。メーカーを問わず同じ条件で衝突実験をおこない、その結果を「乗員保護性能」としてウェブサイトなどで公表。その結果は、安全性の高いクルマを求める人の、クルマ選びの目安となる質の高い情報といえる。クルマ選びにこれを利用しない手はないだろう。

また、その結果に「歩行者保護性能」や「シートベルト着用警報」の有無を評価に加えた「総合評価結果」も公開されているので参考とすることをオススメする。

サンプルとして、人気の軽自動車と参考車種の状況とエアバッグ装備状況を見てみよう。点数は数字が大きいほうが優れていて、★の数は多いほど高評価となる。

ホンダ N-WGN

総合点:88.7点(★★★★★)

歩行者保護性能:30.37点(37点満点)

乗員保護性能:55.34点(59点満点)

シートベルト着用警報:3.00点(4点満点)

装備されているエアバッグ:フロント+サイド+サイドカーテン

▼「ホンダ N-WGN」の月額はいくら? 詳細は下記バナーをクリック!【MOTA定額マイカー】

日産 デイズ/三菱 eKワゴン/eKクロス

総合点:86.5点(★★★★★)

歩行者保護性能:30.50点(37点満点)

乗員保護性能:53.07点(59点満点)

シートベルト着用警報:3.00点(4点満点)

装備されているエアバッグ:フロント+サイド+サイドカーテン

▼「日産 デイズ」の月額はいくら? 詳細は下記バナーをクリック!【MOTA定額マイカー】

ダイハツ タント

総合点:80.2点(★★★★)

歩行者保護性能:27.66点(37点満点)

乗員保護性能:49.58点(59点満点)

シートベルト着用警報:3.00点(4点満点)

装備されているエアバッグ:フロント+サイド+サイドカーテン

▼「ダイハツ タント」の月額はいくら? 詳細は下記バナーをクリック!【MOTA定額マイカー】

※参考までに登録車(白ナンバー車)の調査結果も

レクサス UX

総合点:87.3点(★★★★★)

歩行者保護性能:27.86点(37点満点)

乗員保護性能:56.95点(59点満点)

シートベルト着用警報:2.50点(4点満点)

装備されているエアバッグ:フロント+ニー+サイド+サイドカーテン

ホンダ CR-V

総合点:85.9点(★★★★★)

歩行者保護性能:26.02点(37点満点)

乗員保護性能:57.43点(59点満点)

シートベルト着用警報:2.50点(4点満点)

装備されているエアバッグ:フロント+サイド+サイドカーテン

メルセデス・ベンツ Cクラス(2019年モデル)

総合点:85.7点(★★★★★)

歩行者保護性能:31.66点(37点満点)

乗員保護性能:52.08点(59点満点)

シートベルト着用警報:2.00点(4点満点)

装備されているエアバッグ:フロント+ニー(運転席)+サイド+サイドカーテン

リアルワールドでの事故は、状況により結果は千差万別

JNCAPの結果はあくまで定められた試験での結果であり、この結果がすべての事故の状況を表しているわけではない。それはしっかりと認識する必要がある。いっぽうで、この結果を登録車(白ナンバー車)と比べてみると軽自動車の乗員保護性能は大枠としては普通車に対して若干低めではあるものの、著しい差が生じているわけではないことがわかる。またN-WGNのように上級車を超えるほど優れた乗員保護性能を誇る軽自動車もある。

ただし、現実の道路上でクルマ対クルマの衝突事故が起きた場合は、相手との相対関係によって車体が大きく重いクルマに比べると軽自動車の乗員保護性能は不利なケースがあることも否めない。なんとも微妙な表現だが、リアルワールドでの事故は、状況により結果は千差万別なのだ。

とはいえ間違いないのは、軽自動車でも安全性能は年々向上していること。そして、車種によるばらつきはあるが、全体的には普通車と比べても大きく劣るわけではないのは覚えておきたいところだ。

[筆者:工藤 貴宏]

ホンダ/N-WGN
ホンダ N-WGNカタログを見る
新車価格:
122.7万円182.7万円
中古価格:
16.9万円1,397.2万円
日産/デイズ
日産 デイズカタログを見る
新車価格:
132.8万円191.5万円
中古価格:
15.8万円215.4万円
三菱/eKワゴン
三菱 eKワゴンカタログを見る
新車価格:
132.6万円154万円
中古価格:
5.8万円169.8万円
前へ 1 2

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

工藤 貴宏
筆者工藤 貴宏

クルマ好きが高じて在学中から自動車メディア業界に足を踏み入れ、気が付けば四半世紀。自動車雑誌編集者から編集プロダクション勤務を経てフリーランスの自動車ライターとして独立。自動車関連の雑誌やウェブで活躍している。モットーは「そのクルマは誰を幸せにするのか」。使い勝手などユーザー目線の記事を得意とする。永遠のスポーツカー好きで愛車はフランス製のホットハッチとディーゼルエンジンを積んだSUV。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ryugon(龍言)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ N-WGNの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-WGNのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-WGNの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-WGNの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-WGNのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる