新型フェアレディZ vs GR86・新型BRZ! 2021年発売予定の最新スポーツカーを写真で比較する!

画像ギャラリーはこちら
2021年は国産の新型スポーツカーに注目が集まる年だ。2021年4月5日(月)に世界初公開されたトヨタの新型86(GR86)と、その兄弟車であるスバル 新型BRZは、共に2021年中に正式発売を予定している。

またもうひとつの大物、日産 新型フェアレディZも期待される1台だ。2020年9月16日、プロトタイプが世界初公開された新型Zも、2021年中に正式な販売が行われる見込みとなっている。

国産各メーカーから登場する新型スポーツカーの特徴について、外観デザインやボディサイズ、内装、そして正式な発売時期の3つの視点で、徹底比較してみよう。

>>どちらがお好み!? フェアレディZとGR86・BRZを写真で見比べる[画像43枚]

目次[開く][閉じる]
  1. ボディサイズは案外近いZと新型GR86/BRZ! ロングノーズ・ショートデッキの古典スタイルも共通
  2. センターモニターの存在感が強く、インパネデザイン自体の主張は控えめか
  3. GR86の発売は2021年秋、BRZは2021年夏、そしてフェアレディZは2021年末に正式発売!?

ボディサイズは案外近いZと新型GR86/BRZ! ロングノーズ・ショートデッキの古典スタイルも共通

2020年9月に世界初公開され大いに話題を呼んだ日産の新型フェアレディZ プロトタイプ

そのボディサイズは全長4382mm×全幅1850mm×全高1310mm(現行Z34型フェアレディZは全長4260mm×全幅1845mm×全高1315mm)と公表された。

対するトヨタ 新型GR86スバル 新型BRZのボディサイズは、全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mm(現行型トヨタ 86は全長4240mm×全幅1775mm×全高1285mm)である。

参考までに、本来フェアレディZの直接のライバルとなるトヨタ GRスープラのボディサイズは、全長4380mm×全幅1865mm×全高1290mmである。

こうして比較してみると、案外近いサイズであることがわかる。

2人乗りのフェアレディZと4人乗りの新型GR86/BRZだが、結果としてフォルムは近いものに

ただしフェアレディZが2人乗り、新型GR86/BRZが4人乗り(後席は補助席程度だが)で、設計上のパッケージングがまず異なる。

さらにフェアレディZが大きなV型6気筒エンジンをフロントに積み、新型GR86/BRZは低くコンパクトな水平対向4気筒エンジンを積むという違いも大きい。

大きなエンジンを前に積み、後輪寄りに配した小さなキャビンへ乗員を載せる「ロングノーズ・ショートデッキ」というフォルムは、古典的な後輪駆動スポーツカーの王道スタイルである。

1969年に登場した初代フェアレディZも、その王道をゆくフォルムで定評を得た。当然そのスタイルは歴代で継承されており、新型についてもしっかりと受け継がれていることがわかる。

そうやってあらためて新型GR86/BRZを見返してみると、車体が長くなりがちな4人乗りでありながらも、ロングノーズ・ショートデッキのフォルムを上手く再現している。

センターモニターの存在感が強く、インパネデザイン自体の主張は控えめか

室内をのぞいてみよう。

日産 新型フェアレディZ プロトタイプと、トヨタ 新型GR86/スバル 新型BRZで共通するのは「水平基調のインパネ(ダッシュボード)」だ。従来型は共に曲線も多用された立体的な形状だったが、シンプルな形状に路線変更されていることがわかる。

昨今はカーナビゲーションなどのインフォテイメントシステムが搭載されるセンターモニターが大型化し、年々存在感を増している。そのことはスポーツカーにおいても無視出来ることではない。

さらに車高が低く、室内の広さにも限りがあるスポーツカーの特性とも相まって、インパネ自体のデザイン的な主張は控える方向にあるのだろう。

そんな中でもフェアレディZは、初代に採用されていた3連メーターのデザインモチーフを継承し、伝統的なデザインを現代風にアレンジすることに成功している。これは50年以上に及ぶ歴史を持つモデルならではだ。

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
33.6万円1,901万円

GR86の発売は2021年秋、BRZは2021年夏、そしてフェアレディZは2021年末に正式発売!?

気になる発売時期だが、トヨタではGR86の発売時期を2021年秋頃、スバルは新型BRZの発売時期を2021年夏頃とそれぞれ公式発表している。

いっぽう日産は、新型フェアレディZ プロトタイプを発表した2020年9月の時点で、正式な発表時期を明確にしていない。そもそも今公開されているのは新型の“プロトタイプ”(試作車)であり、このあと正式な市販版フェアレディZを発表するタイミングが2021年のどこかで再び訪れるはずだ。

MOTA(モータ)では、2021年秋開催予想の東京モーターショー2021会場でのお披露目が、新型フェアレディZ市販版の正式なワールドプレミアになると予想していた。しかしそもそも東京モーターショーのイベント開催自体、2021年4月段階で明確にされていない不透明な状況である。

プロトタイプ同様、新型フェアレディZ市販版もオンライン上のバーチャルなイベントとして初披露される可能性は高い。

2021年夏から秋にかけて市販版を発表の上、2021年中に晴れて販売開始という流れになると思われる。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル]

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 陶泉 御所坊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる