トヨタ 新型GR86 vs 初代86はどこが変わった!? 写真でサクッと見比べてみる!【新旧比較】

画像ギャラリーはこちら
2021年4月5日(月)に世界初公開されたトヨタの2代目86(GR86)。日本での正式発売は2021年秋の予定だ。フルモデルチェンジで「GR」の名が付いた新型と初代86では、実際どのあたりが異なっているのだろうか。

グッとグラマラスになった外観、2.4リッターに拡大したエンジン、使い勝手が向上したインテリアなど、新型で進化したポイントを写真でサクッと見比べてみよう!

どこが違う!? トヨタ GR86 vs 初代86を写真で見比べる![画像130枚]

目次[開く][閉じる]
  1. ボディサイズはほぼ変化していないが大きく印象を変えた外観
  2. 水平対向エンジンは2リッターから2.4リッターに拡大
  3. 水平基調のインパネ採用で視界も改善

ボディサイズはほぼ変化していないが大きく印象を変えた外観

2012年のデビューしてから約9年。トヨタ 86が、新名称「GR86」となってフルモデルチェンジを実施した。正式な発売は2021年秋頃だが、それに先だって2021年4月5日(月)、内外装のデザインなどが世界初公開された。

今回は新旧の86を写真で比較し、デザインの変化や性能・機能の進化などについてチェックしてみよう。

ボリューム感を増したエクステリアデザイン

デザインは初代のイメージをそのまま維持しながらも、全体にボリューム感があり、迫力も増した印象だ。

ボディサイズは、新型GR86が全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mm、ホイールベース2575mm。初代(後期)が全長4240mmx全幅1775mmx全高1320mm、ホイールベース2570mmで、全長が25mm延伸している。見た目の印象からは車幅も拡大したようにも見えたが、新旧で数値は同一で、むしろ車高は10mm低くなっている。

ダックテール形状になり大きく印象を変えたリヤまわり

フロント以上に印象を変えたのはリヤ周りかもしれない。新型GR86は、初代に比べグラマラスなシルエットになった。

新型GR86では、トランク後部を上部に跳ね上げたダックテール形状に変更。エアロパーツ(リヤスポイラー)に頼らずとも、十分なダウンフォースを得られるようにした。これは初代86のモータースポーツ参戦による経験も反映されているという。

ナンバープレート位置は初代86がトランク部だったところ、新型GR86ではバンパー部に移動している。

水平対向エンジンは2リッターから2.4リッターに拡大

新旧とも水平対向4気筒のFA型ガソリン直噴エンジンを搭載する。ただし初代が2リッターだったのに対し、新型GR86は排気量をアップし、2.4リッター化された。

新型GR86の最高出力は235ps(173kW)/7000rpm、最大トルクは25.5kg-m(250Nm)/3700rpm。これに対し初代86は、最高出力207ps(152kW)/7000rpm、最大トルク:21.6kgf-m(212N・m)/6400-6800rpm。最大トルクの発生回転数の違いを見てもわかる通り、低速域での力強さが増している。0-100km/h加速は初代の7.4秒に対し、新型では6.3秒に向上した。

空力のこだわりはフェンダー周りにもみられる。フロントフェンダー後ろにはエアアウトレットが追加。フェンダー内から空気を流すことで、操縦安定性にも好影響を与えるという。

タイヤサイズは、新型が215/40R18(ミシュラン・パイロットスポーツ4)、初代が215/45R17(ミシュラン・プライマシーHP)。初代は若いユーザーにも配慮し、プリウスにも採用される比較的安価なタイヤとしたのに対し、新型GR86ではスポーツ系タイヤを選択している。ただし新型でも17インチ版は用意される模様だ。

水平基調のインパネ採用で視界も改善

続いてインテリアを見比べてみよう。

新型GR86は、インパネ(ダッシュボード)が水平基調のシンプルな形状に変更。これにより前方の視界が改善された。メーターは新たに7インチTFT液晶パネルとセグメント液晶パネルを組み合わせたデジタルメーター化されている。またこうして新旧で見比べてみると、新型はナビモニター画面の大型化にも対応した形状変更であることもわかる。

なお新型では、スバルの運転支援システム「アイサイト」をATモデルに初採用。プリクラッシュブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)のほか、全車速追従型クルーズコントロール(ACC)も搭載される。

スポーツシートは形状を変更。ホールド性と快適性をそれぞれ向上させている。

ちなみに撮影時、新型GR86の運転席シートへ座ってみたところ、着座位置(ヒップポイント)が、初代86に比べ低くなったように感じられた。微妙な違いだが運転感覚にも影響する部分であり、見逃せない改善点だ。

センターコンソールは蓋付きになりUSBポートも追加に

センターコンソール後方の物入れは新型で蓋付きになった。手前のプッシュボタンで左右に開く。ドリンクホルダーは新型では固定式になっている。また初代ではシガーソケットが備わっていたが、新型GR86には蓋付のUSB充電ポートが2口備わっている。

【まとめ】初代のイメージを継承しつつも完成度をグッと底上げ

新しいGR86と初代86を写真で比較し、内外装と機能について見てきた。

ボディサイズも大きく変えず、基本的な成り立ち自体は初代のイメージを継承しているGR86だが、デザインや機能ともに、性能向上に向けた正常進化を遂げていた。新旧の乗り比べが出来る日が楽しみだ。

新型GR86の正式な発売は2021年秋頃を予定している。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:茂呂 幸正・小林 岳夫・GAZOO Racing Company/トヨタ自動車]

トヨタ/86
トヨタ 86カタログを見る
新車価格:
267.2万円506万円
中古価格:
105万円586.8万円
スバル/BRZ
スバル BRZカタログを見る
新車価格:
247.5万円365.8万円
中古価格:
120.2万円530万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ 86の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ 86のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ 86の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ 86の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ 86のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる