autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 クラウンアスリートと3シリーズとフーガとのハイブリッドを徹底比較 -走りも燃費も満足な上級セダン-

3台比較 2013/6/5 10:00

クラウンアスリートと3シリーズとフーガとのハイブリッドを徹底比較 -走りも燃費も満足な上級セダン-(1/4)

クラウンアスリートと3シリーズとフーガとのハイブリッドを徹底比較 -走りも燃費も満足な上級セダン-

走行性能と居住性が優れた上級セダンでありながらハイブリッドシステムの搭載で燃費性能も満足

トヨタクラウンに、4気筒エンジンをベースにしたハイブリッドを搭載!?「時代は変わったなぁ」と思ったが、今のところ売れ行きは堅調だ。クラウンロイヤル&クラウンアスリートでは、販売総数の内、70%前後をハイブリッドが占める。

この背景には、V型6気筒のノーマルエンジン車の燃費性能もあるだろう。ハイブリッドのJC08モード燃費が1.3リッター車並みの23.2km/Lなのに対し、ノーマルエンジンにはアイドリングストップも付かず、2.5リッターが11.4km/Lで、3.5リッターは9.6km/Lに下がる。エコカー減税もハイブリッドは免税になるが、ノーマルエンジンは対象外だ。

なのでV6の2.5リッターとハイブリッドの価格差は実質50万円なのに、減税額を差し引けば28万円前後に縮まる。さらに購入後のガソリン代も数値上は半額以下だから、ハイブリッドに人気が集まるのは当然だろう。

それにしてもクラウンは高級セダンの代表的な存在。4気筒のハイブリッドを積んで燃料消費量を大幅に抑えれば、ほかのセダンに対する見方も変わる。そこでライバル車となる日産フーガハイブリッド、BMW 3シリーズ のアクティブハイブリッド3と比べることにした。

興味深いのは、それぞれのハイブリッドシステムが、機能、運転感覚ともにまったく異なること。詳細は後述するが、ノーマルエンジン車の比較とは結論も選び方も違ってくる。ハイブリッドを加えたことで、クラウン/フーガ/3シリーズの位置付けにも変化が生じたわけだ。

このあたりもクルマ好きには楽しいところだろう。ハイブリッドはエコ技術だが、その走りは十分に趣味の対象になり得る。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ クラウンアスリート の関連編集記事

トヨタ クラウンアスリートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンアスリート の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR