BMW 新型X6 海外試乗レポート/九島辰也(1/3)

BMW 新型X6 海外試乗レポート/九島辰也
BMW 新型X6 BMW 新型X6 BMW 新型X6 BMW 新型X6 画像ギャラリーはこちら

時代の先を行っていたX6

BMW 新型X6BMW 新型X6

BMW X6に関してはいろいろな意見を聞く。かっこいいとかかっこワルいとか、そんなところだ。

確かに2008年のリリース時を振り返ると、ネガティブな意見が多かった。正統派X5人気が高かったこともあるだろうが、走りはいいのだが否定的なコメントを耳にした。背の高いクーペをどうとらえたらいいのか、わからないというのが正直なところだろう。

ところが、最近はグングン人気を高めている。それを証拠にX4なる弟も誕生した。というか、いまや各メーカーがクーペ然としたSUVをラインナップに加えている。いやいやSUV全体がスタイリッシュな方向へ進化し、スクエアなボディを持つモデル自体が減った。もはやX6の時代である。

そんなことを感じたのは、新型X6を目の前にしたから。

BMW 新型X6

フロントマスクこそ新世代BMWとなったが、シルエットはほとんど変わらない。もちろん、そもそも完成度の高いクルマであることは認めるが、人気の高いスタイリングだけにあえて手を入れないという決断だ。BMWが唱えるSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)の発想はまさに時代にマッチしているということになる。

ということで生まれた第二世代。12月6日から世界同時発売となる。ターゲットエリアはアメリカ、ヨーロッパ、中国。ただし、北米がメインとなるのは明らか。なんたって生産はサウスカロライナ州シュパルタンバーグ。アメリカ製である。

BMW 新型X6BMW 新型X6BMW 新型X6BMW 新型X6BMW 新型X6
BMW 新型X6BMW 新型X6BMW 新型X6BMW 新型X6BMW 新型X6
1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
九島 辰也
筆者九島 辰也

外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX」副編集長、「アメリカンSUV」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON」副編集長なども経験。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

BMW X6の最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW X6のカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW X6の中古車検索 BMWの記事一覧 BMW X6の記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW X6のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる