X5、320d、Z4…BMWの車名ってどう分類されてるの?【簡単解説】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
クルマの前後に付いているバッジ、クルマに詳しくない方でもメーカーのマークということは一目瞭然だと思います。じゃあ、よく輸入車なんかの後ろに一緒に付いている数字のバッジは何? っていう方もいるのではないでしょうか? もしくは何となく車種名だという事は知っているけど、正確には分からないなんてことも。今回は、そんな車名を数字で表記しているBMWの車名の法則を簡単に解説しちゃいます!
目次[開く][閉じる]
  1. BMWの車名の法則に迫る!
  2. 数字の法則
  3. 末尾のアルファベットの法則
  4. 頭にアルファベットがつく法則
  5. 分かると簡単! 車名法則

BMWの車名の法則に迫る!

ドライビングプレジャーを追求し「駆けぬける歓び」というスローガンを掲げるドイツの高級車メーカー「BMW」。BMWとは「バイエリッシェ・モトーレン・ヴェルケ」の略で、バイエルン発動機製造という意味。

そんなBMWの車種名は、日本車のような愛称(ペットネーム)ではなく、数字とアルファベットで表記されています。これはグローバルネーム、つまり全世界共通の車名としてビジネスを展開するためなんです。

数字の法則

まず、BMWのモデル達は主に数字の最初の部分を取って「〇シリーズ」と呼ばれます。現在、数字から始まるモデルラインナップは1~8まであります。

主に奇数シリーズ(1、3、5、7)にセダンやツーリング(ステーションワゴン)などのベースモデルが設定され、偶数シリーズ(2、4、6、8)には、自身の1つ前にあたる奇数シリーズのクーペやカブリオレ、GT(グランツーリスモ)などが設定されています。奇数シリーズがベースモデル、偶数シリーズがその発展形といった感じです。

つまり、118iなら「1シリーズ」で読み方は『イチイチハチアイ』、320dなら「3シリーズ」で読み方は『サンニーマルディー』、530eなら「5シリーズ」で『ゴーサンマルイー』といった感じです。そして数字が大きくなるにつれ格上のモデルに位置づけられます。

次に2文字目以降の数字です。かつては搭載するエンジンの排気量を意味していましたが、現在は必ずしも排気量と同じ数字という訳ではなく、それに近い数値が記載されています。

末尾のアルファベットの法則

最後は末尾についてるアルファベットです。これは搭載するパワートレインの種類を表しています。

先程の118i、320d、530eで検証していくと、118iのiは「injection」の頭文字で燃料噴射装置、つまりガソリンエンジンのこと。320dのdは「diesel」の頭文字でディーゼルエンジンを指します。そして530eのeは「electric car」、つまり電気自動車のことなんですが、ここではピュアEVの事ではなくプラグインハイブリッドを指しています。他には「xDrive」というBMW独自の4輪駆動システムを搭載している車種の末尾に頭文字の「X」がつけられています。

頭にアルファベットがつく法則

ここまで紹介した数字シリーズの他、BMWでは車名の頭にアルファベットがつく下記のモデル達が存在します。

「X」がつくモデル。これはBMWのSUVモデルを意味しています。因みにBMWではSUVとは呼ばず、いわゆる他社でSUVに該当するようなモデルをSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)、さらにクーペルックのSUVをSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)と呼んでいます。

実際のラインナップでは1~7のXモデルがあります。Xモデルもまた同様に数字が大きくなるにつれ格上のモデルに位置づけられ、その中でも奇数がベースモデル、偶数はその発展形のクーペスタイルとなっています。

「Z」がつくモデル。Zはドイツ語のZukunft (ツークンフト)の頭文字で、日本語で「未来」の意味があります。

ラインナップにはオープンスポーツモデルのZ4があります。

「M」がつくモデル。これはBMWの研究開発やモータースポーツカー、チューニングパーツの製作を担当するグループ会社「BMW M」の技術が投入された最高峰モデルに冠されています。

各シリーズにMモデルは設定されており、読み方としては、5シリーズのMモデルだったらM5といった感じです。例外としては先程のXモデルでは頭ではなく末尾につきます。例えばX3 Mといった感じです。

「i」がつくモデル。iはinnovationの頭文字で「革新」の意味があります。

ラインナップには、ピュアEVのi3、HVでスポーツカーのi8及びi8ロードスターがあります。

分かると簡単! 車名法則

いかがでしたでしょうか?

最初は何のことかサッパリ分からなかったBMWの車名も、こうやって見ると決まった法則にのっとってつけられているという事がお分かりいただけたのではないでしょうか? この法則さえ覚えてしまえば、これからはパっと車名とその意味が出てくるハズ(笑)

次回4/30(木)は、BMWに引き続き、独プレミアムブランド「メルセデス・ベンツ」の車名の読み方をお届けします! お楽しみに!

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

BMWの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMWの記事一覧 BMWのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる