BMW 新型X3試乗レポート|事実上のX3.5か!?進化するBMW SUVヒエラルキー!読めないBMW SUVヒエラルキー!(1/2)

ある意味ヒエラルキー無視! 今やサイズはラージSUV一歩手前!

BMWでは今やセダン&ワゴンの3シリーズもすっかり昔の5シリーズ的存在感になっちゃったし、ほとんどの車種がデカく上質化している。SUVも前と同じ文脈で語れなくなっちゃった、それもセダンと微妙に違うテイストで!って感じですわ。そう、BMW 新型X3ね。

ご存じ2000年デビューの初代X5の次に出たBMW SUVの第2ラインで、当時は3シリーズベースで全長4.5m止まりだったし、顔もジミ目でまだまだコンパクトSUVって呼べるレベルだった。

ところが先代の2代目でサイズ拡大、顔つきまでリッパになったと思ったら、今回新登場した3代目でさらに大型化。全長は遂に4.7m台に突入、ラージサイズの一歩手前になった上、全幅こそ大台の1.9mはギリギリ越えてないものの、狭い日本じゃかなり立派で、なによりプラットフォームが今回からセダンの5シリーズや7シリーズと共通化。存在感はハンパないけど、マジで本気の高級SUVになっちゃった感じなのよ。なんせ価格も完璧600万円台だし。

っていうか、下のX1が初代から3シリーズベースだった上、今やFF化して室内拡大。全長4.4m台のSUVとしては十分以上の実用性と押しの強さと高いコストパフォーマンスを発揮。その分、X3はより上質化して、事実上の“X3.5”を目指す!ってな方向なのかもしれません。

>>BMW 新型X3を画像で見る!

全体的にマッチョな雰囲気!押しの強さも“X3.5”だ!

まずビックリするのは顔の迫力で、グリルは以前より丸く大きくなってライトも以前より全体的に丸みを帯び、一時の甲殻類系デザインから確実に離れてきている感じ。ヘッドライトも左右目が離れてて押しは強いけど、個人的には前の方がシャープで好きだった。とはいえ、これはこれで慣れちゃうんだろうけど。

リアも明らかに膨らみを帯びてマッチョ化。ここは好みが分かれるところかもしれません。

一方インテリアは上質の一言。前のX3も悪くなかったけど、この世代からより全体のクオリティが増していて、本革の質感、アルミ風金属パネルの質感も文句ナシ。特にドア、インパネ、シート回りのステッチの入り方は手作業的風合いさえ感じられて高級車の領域。サイズ的にもリアシートは身長176cmが楽勝で座れ、リクライニングも付いていて文句ナシ。ラゲッジも550リットルともはや大型ワゴン要らずなレベルにまで拡大している。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
小沢 コージ
筆者小沢 コージ

横浜市出身。バラエティ自動車ジャーナリスト。自動車メーカー、「NAVI」編集部員を経てフリーに。現在、雑誌やネットに多数連載。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

BMW X3の最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW X3のカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW X3の中古車検索 BMWの記事一覧 BMW X3の記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW X3のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる