autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW i8ロードスター 海外試乗│未来のスポーツカーがもたらす娯楽

試乗レポート 2018/5/26 09:00

BMW i8ロードスター 海外試乗│未来のスポーツカーがもたらす娯楽

関連: BMW i8 Text: 九島 辰也 Photo: ビー・エム・ダブリュー株式会社
BMW i8ロードスター
BMW i8ロードスターBMW i8ロードスターBMW i8ロードスターBMW i8ロードスター画像ギャラリーはこちら

はじめからあったような自然なスタイリングのロードスター

まさに未来型スーパーカー。そう呼びたくなるのはご存知BMW i8。プラグインハイブリッドシステム(PHV)をパワーソースとするそれは、21世紀におけるスーパーカーを示唆しているように思える。なんたってこの迫力で搭載されるエンジンは1.5リッター直列3気筒なのだから。

そのi8に屋根開きのロードスターが追加されたというのが今回のお話。カーボンファイバー製のクーペの屋根をソフトトップに変え可動式とした。スタイリングの自然な仕上がりから、「あれ、はじめからなかったっけ?」と思わず勘違いしてしまいそうである。

BMW i8ロードスターBMW i8ロードスター

そんなi8ロードスターと直接ご対面したのはスペインのマヨルカ島。4月の終わりそこで行われた国際試乗会に参加した。

自然なスタイリングの理由は、クーペ完成直後からロードスターのアイデアは存在していたことにある。実際の開発スタートは1年後だが、ほとんど視野に入れていたと言っても過言ではないからだ。しかもドアの開き方にも注目していただきたい。i8 のアイデンティティとなるそれはオープントップでもしっかり継承された。これは賞賛に値する。せっかくオープンエアモータリングを手に入れてもキャラクターの象徴的な部分が削られては、ユーザーは楽しくない。

ソフトトップはアルミのフレームがファブリックを支える構造。重量の増加はクーペ+60キロ。だがこの数字にボディの補強はそれほど含まれていない。そもそもキャビンはカーボンファイバー強化樹脂で仕上がっているため必要最低限で済んだそうだ。トップの開閉時間は約15秒。時速50キロ以下であれば走行中も稼働する。

BMW i8ロードスターBMW i8ロードスターBMW i8ロードスターBMW i8ロードスターBMW i8ロードスター

走行性能はもちろん、実用性も高い

BMW i8ロードスター

i8ロードスターは2シーターとなる。4シーターだったクーペに対し、トップを収納するスペースを確保するためだ。ただ、開けていても畳んだ幌の下には手さげカバン3つ分くらいのスペースはある。これは嬉しい配慮。思いのほか実用性は高いとみた。

それは走行面でもそうで、クーペを含め今回バッテリーを進化させている。ハイボルテージリチウムイオン電池の容量を拡大し、モーターの出力をアップしたのだ。結果1.5リッター3気筒エンジンと合わせた出力は374ps。従来よりも12ps上がり、EVモードでの走行は最長53キロとなった。

このスタイリングだからこそ許容できる個性

BMW i8ロードスターBMW i8ロードスター
BMW i8ロードスター

では、このクルマを実際に走らせるとどうか。

クルマの加速や挙動、ハンドリング、乗り心地にクーペとの違いはほとんど感じない。相変わらずの軽快なハンドリングにクルマ好きであれば思わず頬がゆるむことだろう。前後の重量配分にシビアなBMW開発陣のこだわりがここにある。

モーターの出力の出方が自然なのも付け加えたい。ご存知ようにいきなりトルクが立ち上がるモーターの出力は個性的だが、このクルマはそれが強調されすぎることがない。逆をいえばこのスタイリングだけに、いきなり最大トルクが発生しても許容できるが、とにかく出だし中間加速ともに自然な加速感なのだ。ステアリングフィールとともにアクセルフィールもあり、スポーツカーとしてのエモーショナルな部分をドライバーに与えている。

ロードスターの由来

BMW i8ロードスター
BMW i8ロードスター

オープントップ時の快適性はキャビンへの風の巻き込みを工夫していて、日本の法定速度くらいならまったく気にならない。街中ではサイドウィンドウを下げ左肘をドアにかければ気分上々だ。それに高速道路に入っても小さなリアガラスを垂直に上げれば問題なし。髪の長い女性を助手席に乗せてもクレームはないだろう。この小さなリアガラスはもちろん電動式。操作スイッチはルームミラーの付け根にある。

ところで、ロードスターというネーミングだが、これは1930年代の328ロードスターに由来する。マーケティング上いろいろなネーミングが候補に挙がったが、結局ヘリテージからそれをとった。個人的にはスパイダーの方がしっくりしなくもないが、これはこれでBMWらしくもある。

というのが今回のインプレッション。i8はそもそも完成度の高いデザインだけに今後これが大きく変わることはないだろう。その意味では寿命の長いデザインとなり、長く乗っても古くならないというメリットを感じる。ただ、バッテリーの進化だけはそれとは別。今後同じサイズで容量が拡大されていくのは想像しやすい。その部分だけは気になるところだ。

[レポート:九島 辰也/Photo:ビー・エム・ダブリュー株式会社]

BMW i8ロードスター 主要スペック
エンジン 1.5リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
モーター 交流同期電動機
価格(消費税抜) 2231万円
全長 4,689mm
全幅(車幅) 1,942mm
全高(車高) 1,291mm
車両重量 1,595kg
乗車定員 2人
ホイールベース 2,800mm
エンジン最高出力 231ps(170kW)/5,800rpm
エンジン最大トルク 320Nm(32.6kgm)/3,700rpm
モーター最高出力 143ps(105kW)/4,800rpm
モーター最大トルク 250Nm(25.5kgm)
トランスミッション 6AT
駆動方式 4WD
燃料 無鉛プレミアム
タイヤ (前)215/45R20 95W/(後)245/40R20 99W

関連記事

BMW i8マイナーチェンジでオープンモデルが新登場!価格は2000万円超え

BMW M5試乗│いつの時代も驚きをもたらすハイパフォーマンスカー

香取慎吾氏がBMWのブランド・フレンドに就任!BMWの新型車”X2”をお披露目|発表会レポート

BMW 新型X2 海外試乗|ブコツさを残しつつも先進的な「旧カッコイイ」BMWの全く新しいSUV

開発主査が語る、スープラ復活の経緯とBMW × トヨタの舞台裏

筆者: 九島 辰也

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

BMW i8 の関連編集記事

BMW i8の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW i8 の関連編集記事をもっと見る

BMW i8 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR