ドイツ本国のBMW社も認める正統派アフターパーツメーカー「AC Schnitzer(シュニッツァー)」【Vol.1】

BMW No.1チューナーとして名高いACシュニッツァー

BMWナンバー1チューナーとして名高いドイツの名門『ACシュニッツァー』。今回から3回に渡り、ACシュニッツァーの魅力と、日本におけるBMWカスタマイズのメジャープロショップ「スタディ」のコラボレーション企画をお届けする。

コアなBMWファンであれば、知らない人はいないであろう「AC Schnitzer(シュニッツァー)」。1987年にドイツで誕生した名門BMWアフターパーツメーカーだ。現在では、ドイツ国内にある430店ものBMWディーラーで取り扱いがある。

それはドイツ本国のBMW社がACシュニッツァーを信頼できるアフターパーツメーカーであることを認めた証ともいえる。事実、ACシュニッツァーが展開するすべてのアイテムは、世界屈指の認証機関であるTUV Reinlandを取得。確かな品質と安全性が証明されており、厳格な基準を設けているドイツの車検にも対応している。

ACシュニッツァーのウェブページはこちら

展開するアイテムはすべて日本の車検にも対応

世界で認められているACシュニッツァーとはいえ、日本国内で使用するとなると、まず気になるのが車検の問題だろう。その点について、ACシュニッツァー日本総輸入元である株式会社アドベントの小林圭介サンに話をうかがった。

「ACシュニッツァーが展開する全アイテムはドイツでTUVを取得していますが、それは日本の車検にも対応していることを意味しています。TUV を取得していると、日本でも車検対応になるからです。日本のディーラーではACシュニッツァーの取り扱いがないので装着すると車検に通らなくなるのではと心配される方もいらっしゃいますが、そのようなことはありません。ACシュニッツァーのアイテムを装着しているからといってリセールバリューが下がることもないので、安心してご使用いただけます」

BMWのポテンシャルを引き出す「パフォーマンスアップグレード」

エアロパーツ、ホイール、マフラー、サスペンションキット、インテリアパーツなど、BMW用アイテムを豊富に揃えるACシュニッツァーだが、なかでも「走りがより安定する」「高速道路での追い越しや合流がスムーズに行えるようになる」と人気を集めているのが「パフォーマンスアップグレード」だ。

BMWに限らず、どんなクルマもコンピュータによって余裕のある値に最大出力や最高トルクなどが抑えられている。これは幾重にも安全マージンを取る自動車メーカーの姿勢。しかしちょっと過剰とも思えるマージンを取っている場合が多い。そこでオススメしたいのが、BMWに本来備わっているポテンシャルを引き出してくれる『パフォーマンスアップグレード』だ。

パフォーマンスアップグレードの詳細はこちら

燃費の向上にもつながる安定したアクセルワークが実現する

パフォーマンスアップグレードは純正のコンピュータを書き換えてパワーを高めるECUチューニングだが、ブーストアップモジュールとは一線を画す。ACシュニッツァーが厳格なテストを何度も繰り返して開発したパフォーマンスアップグレードは、それぞれの領域における点火タイミングや燃料調整を最適化する。F80 M3(S55B30A)とF82 M4(S55B30A)の場合、最高出力と最大トルクが413PS/550Nmから510PS/645Nmに向上。F20 116i/118i(N13B16A)においても、136PS/220Nmから200PS/290Nmにアップする。F20 116i/118i(N13B16A)のパフォーマンスアップグレードの価格は28万円なので、30万円以下でF22/F23 220i(N20B20B)のノーマル値である184PS/270Nmを優に上回ることができてしまうのだ。

その結果、スムーズな加速と安定したアクセルワークが可能になり、燃費の向上にもつながる。しかもエンジンにかかる負担も軽くなるため、耐久性も高まる。その効果は、厳格な環境基準を設けているTUVでも認められている。パフォーマンスアップグレードによるECUチューニングは、環境にもエンジンにも優しいエコなモディファイなのだ。

取り扱いがあるのは確かな技術とノウハウのあるプロショップのみ

パフォーマンスアップグレードを含め、ACシュニッツァーのアイテムは、輸入車のメンテナンスやモディファイで実績のあるプロショップでのみ取り扱いがある。そのこともまた、ACシュニッツァーの信頼性が高い理由のひとつといえる。日本総輸入元のアドベントはしっかりした技術とノウハウのあるプロショップだけを厳選し、ACシュニッツァーの取り扱いを任せているからだ。その

ショップリスト

はアドベントのHP上に公開されているので、ACシュニッツァーの購入を検討している方はぜひご覧いただきたい。

そして次号では、BMW専門店のスタディとACシュニッツァーによるコラボレーション企画を用意。長年に渡るスタディとACシュニッツァーの結び付きを紹介するとともに、BMWオーナー必見の情報をお届けしよう。

ACシュニッツァーのウェブページはこちら

関連車種
  • 1シリーズ
  • 2シリーズアクティブツアラー
  • 2シリーズクーペ
  • 2シリーズカブリオレ
  • 2シリーズグランツアラー
  • 3シリーズ
  • 3シリーズツーリング
  • 4シリーズカブリオレ
  • 4シリーズクーペ
  • 4シリーズグランクーペ
  • 5シリーズ
  • M2クーペ
  • M2コンペティション
  • M3
  • M4クーペ
  • M5
  • X5
  • X3
この記事の写真ギャラリーはこちら

Brand Info - ACシュニッツァー

AC Schnitzer(ACシュニッツァー)は、ドイツ国内ではBMWディーラー網でのみ販売されるBMW No.1チューナー。世界的に有名なツーリングカーレーシングチームのオーナーでBMWディーラーも持つヘルベルト・シュニッツァーとアーヘンを拠点に多くのBMWディーラーを展開しているウイルヘルム・コールがパートーナーシップを結び、1987年に誕生した。現在は各国の正規輸入代理店を通じ、世界約50カ国で販売。日本国内では株式会社アドベントが正規輸入代理店を務めている。

<お問い合わせ> こちら

Corporate Profile

企業名
株式会社アドベント
郵便番号
183-0005
住所
東京都府中市若松町2-27-22
TEL
042-306-7321