autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー VWがぶちあげた「2025年にEV販売100万台」その鍵を握る電気自動車を発表

モーターショー 2017/4/20 15:09

VWがぶちあげた「2025年にEV販売100万台」その鍵を握る電気自動車を発表

関連: フォルクスワーゲン Text: 鈴木 ケンイチ
VWがぶちあげた「2025年にEV販売100万台」その鍵を握る電気自動車を発表

2017年4月19日に開幕した上海モーターショー2017だが、フォルクスワーゲンのプレスカンファレンスは19日の9時スタートと初日の最も早い時間に開かれた。

フォルクスワーゲンブースでは、上海フォルクスワーゲンや一汽フォルクスワーゲンなど複数ブランドがまとめられており、外資系ブランドでは最大級となる。白い柱を回廊のようにしたブースの作りは、国際的なモーターショーでの最近のフォルクスワーゲンのお約束でもある。

フォルクスワーゲンは中国のトップブランドであるため、駆け付ける記者の数も膨大。そのためか、今回のショーでは事前申し込みをしないとプレスカンファレンスにすら参加できないという措置がとられており、とても驚いた。

世界のあちこちのモーターショーを取材していたが、こんな経験は初めてである。やはり、中国での取材は一筋縄ではいかないということなのだろう。

そんなフォルクスワーゲンのプレスカンファレンスで世界初公開となったのが“I.D.CROZZ”であった。

I.D.CROZZでは、床下に電池を敷き詰めたモジュラー・エレクトリック・プラットフォーム(MEB)と呼ばれるプラットフォームを採用しており、その上に4ドアクーペのようなスタイリッシュなSUVボディを載せている。

搭載する電池は83kWh、前後の車軸に搭載する2つのモーターの合計出力は225kW(306PS)。ゼロエミッションカーでありながらも、エキサイティングな走りが自慢となる。満充電による航続距離は500km。

室内を覗くと、これまでのI.D.ファミリーと同様に収納可能なステアリングなどを確認することができた。4人乗りで荷室も広く、使いやすそうだ。環境に優しく、格好も良く、しかも流行のSUV。なんと魅力的なコンセプトカーだろう。

また、フォルクスワーゲンは「I.D.CROZZ」の発表にあわせて、「SUVに力を入れる」ということと「車両の電動化を推進する」という意思を改めて強調した。「2025年には100万台のEVを販売する」とぶちあげたのだ。

ちなみに「I.D.CROZZ」のローンチは2020年に、欧州と中国を同時にとのこと。そうなれば、2025年のEV100万台構想実現のためには、「I.D.CROZZ」のヒットはマストになるだろう。

量産モデルは、どのような格好になるのか?非常に興味を引く発表であった。

[TEXT:鈴木ケンイチ/PHOTO:鈴木ケンイチ・フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社]

筆者: 鈴木 ケンイチ
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン の関連記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円