autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ アルファード&ヴェルファイア G’s(G SPORTS)試乗レポート/今井優杏 2ページ目

試乗レポート 2012/11/9 13:13

トヨタ アルファード&ヴェルファイア G’s(G SPORTS)試乗レポート/今井優杏(2/2)

関連: トヨタ ヴェルファイア , トヨタ アルファード Text: 今井 優杏 Photo: オートックワン編集部
トヨタ アルファード&ヴェルファイア G’s(G SPORTS)試乗レポート/今井優杏

レーシーに纏められたインテリア

トヨタ ヴェルファイア G’s(G SPORTS)

ユーティリティに支持が集まるミニバンだからこそ、内装にも力を入れている。

シートやステアリング・シフトノブなどにイメージカラーの一つである赤いステッチが入り、こちらもレーシー。なんとシート表皮はあの「アルカンターラ」だというから本気だ。

メーター周りも他のG’sモデルと同じくアルミのリングが施され、ペダルもアルミに変更されている。コックピットに居ればスポーツカーと見まごうほどの“これでもか内装”なのである。

トヨタ ヴェルファイア G’s(G SPORTS)トヨタ ヴェルファイア G’s(G SPORTS)トヨタ ヴェルファイア G’s(G SPORTS)トヨタ ヴェルファイア G’s(G SPORTS)トヨタ ヴェルファイア G’s(G SPORTS)

スポット溶接やボディ補強が効いており、コーナーやS字でもリズムの良いドライビングが可能に

走りのほうではまず30mmのローダウンがなされ、サスペンションはバネレートを変更。

G’sお得意のボディ補強もぬかりない。補強ブレースを多数追加し、もちろんスポット溶接も追加されている。また、ボディ下部の空力向上のためアンダーカバーを装備し、直進安定性に配慮、タイヤ&ホイールは19インチにサイズアップされている。

トヨタ アルファード G’s(G SPORTS)

実際に走ってみると、剛性感がすさまじい。

ふらふらする、ロールが気になるといったミニバンの困った特性は、モデルチェンジごとに各メーカーが生き馬の目を抜く勢いで開発を重ねた結果飛躍的に向上したとはいえ、それでもボディ形状からある程度のロールは仕方がないはず。

しかし、なんと「24点」も追加されたスポット溶接とボディ補強パーツはそのねじれ・たわみを綺麗ににいなしてくれていた。

ボディがしっかりと決まっているので、サスペンションもバネレートの変更だけとは思えないほど良い仕事をする。

トヨタ アルファード G’s(G SPORTS)トヨタ アルファード G’s(G SPORTS)

コーナリングはもちろんS字カーブのような左右に大きくボディが振れる場面でもトントンとリズムよくラインをなぞることが出来てしまうのである。

特に効果を感じたのが、大型一体構造に変更されたスタビライザーブラケットで、横方向のゆがみをガッシリと受けとめてくれるため、もうとにかく嬉しいくらいハンドリングがラクになっちゃうのだ。

操舵がラクになるということはドライバーが疲れないということ。運転がうまくなる以上に、疲労度の少なさは嬉しい実感としてオーナーを一番に感激させると思う。

おまけにフロントブレーキが変更されているのも嬉しい。車重のあるクルマはカックンブレーキになりやすいが、こちらはノーマルに比べ踏み込んだ奥の方でしっかり効くようにチューニングされている。欲を言えばもっと奥でもいいくらいだ。

あの、初めにキュっと効くトヨタのブレーキパッドはとても苦手なので「ベース車も全部コレにしてくれればいいのに」と思ってしまう。

価格は2.4リッターが404万円、3.5リッターが442万円と、ベースグレードのラインナップに堂々食い込むという“超お買い得設定”。カオにビビらず、ぜひ性能で選んでほしい!(けど、いきなりお父さんがこのクルマで帰ってきたら、やっぱりビックリしちゃうよね(笑))

筆者: 今井 優杏

トヨタ ヴェルファイア 関連ページ

トヨタ アルファード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴェルファイア の関連記事

トヨタ ヴェルファイアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴェルファイア の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴェルファイア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22