autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 まるで“ファーストクラス”!豪華シートを備えた新型ヴェルファイア・アルファードが発売/渡辺陽一郎

新型車解説 2015/1/26 15:16

まるで“ファーストクラス”!豪華シートを備えた新型ヴェルファイア・アルファードが発売/渡辺陽一郎(1/4)

まるで“ファーストクラス”!豪華シートを備えた新型ヴェルファイア・アルファードが発売/渡辺陽一郎

不動の人気を誇るアルヴェルがフルモデルチェンジ!

かつて、純粋に「これは凄い!」と思わせるクルマは高級セダンや高性能スポーツカーであった。ところが最近は、背の高い「Lサイズミニバン」がそれに加わっている。

大柄で背の高いミニバンとなれば、車内が広いのは当たり前。そこを豪華に飾り立てれば、ちょっとした応接室のような雰囲気になる。外観も同様に、背が高ければフロントマスクは上下方向に厚くなる。メッキグリルなどで派手に飾れば、強く存在感を示すこともできる。

そして、友人や親戚を同乗させた時などは、煌びやかなエクステリアやインテリアを見て「わぁ、高そうなクルマですね!」と感想を漏らしてくれる。オーナーにとっては、このあたりも魅力の一つだろう。

最近はTVのニュースなどで、政治家がLサイズミニバンを使っている場面が報道されたりする。その影響なのか、法人の重役が使う社用車として購入されるケースも増えた。

この応接室のような車内を持つミニバンの代表が、「トヨタ ヴェルファイア&アルファード」だ。

エンジン刷新で燃費が向上、特にハイブリッドの燃費値に注目!

トヨタ 新型「アルファード/ヴェルファイア」

そんなヴェルファイア&アルファードが先ごろフルモデルチェンジを受け、機能を刷新させた。

まず、フルモデルチェンジの詳細に入る前にヴェルファイアとアルファードを簡単におさらいすると、両車は基本部分を共通化した姉妹車。ヴェルファイアはネッツトヨタ店、アルファードはトヨペット店で取り扱われている。両車を比べると、内外装の一部とグレード名は異なるものの、基本的なバリエーション構成と価格は同じ。なので機能も同じと考えて良い。

今回の新型ヴェルファイア&新型アルファードにおけるフルモデルチェンジの方向性は、いわゆる「キープコンセプト」。従来型の性格を受け継ぎながら、機能を向上させている。

トヨタ 新型アルファード/ハイブリッドエンジン
トヨタ 新型アルファード/ガソリンエンジン

エンジンは、従来の直列4気筒はノーマルタイプ、ハイブリッドともに2.4リッターであったが、新型の直列4気筒は2.5リッターへと刷新されている。ラインナップ自体は先代に近く、ノーマルタイプは直列4気筒の2.5リッターとV型6気筒の3.5リッターで、これに直列4気筒2.5リッターをベースにしたハイブリッドを加えている。

駆動方式は、ノーマルエンジンについてはFFの2WDとこれをベースにした4WDを採用。ハイブリッドは、後輪をモーターで駆動する4WDのみになり、2WDは設定されていない。この組み合わせも従来と同じだ。

エンジンの変更によって燃費は向上している。ノーマルタイプの直列4気筒エンジンを先代と新型で比較すると、2WDでは「10.8~11.2km/L」であったのが、新型は「11.4~11.6km/L」。さらに、アイドリングストップをオプション装着すれば、「12.4~12.8km/L」まで向上させることも可能だ。V型6気筒エンジンは、同じく2WDで見た場合、先代が「9.2~9.3km/L」が、新型では「9.5km/L」になる。

ハイブリッドは、先代は「16.2~17km/L」であったのが、新型は「18.4~19.4km/L」。新型ヴェルファイア&アルファードのハイブリッドにおける燃費は先代型の114%に達し、向上率は大きい。

トヨタ ヴェルファイア 関連ページ

トヨタ アルファード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴェルファイア の関連記事

トヨタ ヴェルファイアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴェルファイア の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴェルファイア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21