autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー SUVらしさを強調したトヨタ 新型RAV4は2019年・春 日本導入予定【ニューヨークショー2018】

モーターショー 2018/4/10 17:32

SUVらしさを強調したトヨタ 新型RAV4は2019年・春 日本導入予定【ニューヨークショー2018】

関連: トヨタ RAV4 Text: 山本 シンヤ Photo: トヨタ自動車
画像ギャラリーはこちら

実はトヨタが草分け的存在

(左上)トヨタ スプリンターカリブ (右上)ホンダ 初代CR-V (左下)日産 初代エクストレイル (右下)スバル 初代フォレスター

昨今、世界的なブームの乗用車派生のクロスオーバーSUV。実はトヨタがその先駆け的存在だった事はあまり知られていない。

1982年に登場したスプリンターカリブに続いて、1994年に登場した「RAV4」は「乗用車の乗りやすさ」と「SUVの安心感」を両立。その後、ホンダ CR-V、日産 エクストレイル、スバル フォレスターなど、RAV4と同じコンセプトのモデルが登場したのは言うまでもないだろう。

RAV4は2000年に2代目、2005年に3代目が登場。しかし、2013年に登場した4代目は日本市場に投入されず、3代目が2016年まで継続販売された。一方で海外向けは非常に高い人気を誇り、特に北米では近年長年ベストセラーだったカムリを超える販売台数を記録している。

トヨタ RAV4(初代・XA10型・1996年)トヨタ RAV4(XA20W型・2代目・2001年)トヨタ RAV4(XA30W型・3代目・2007年)

歴代RAV4と異なりSUVらしさを強調したデザイン

ニューヨークショー2017でお披露目されたコンセプトカー「FT-4X」

そんな中5代目となる新型は見た目も中身も大きく刷新して登場。

全体的なフォルムは昨年のニューヨークショーでお披露目されたコンセプトカー「FT-4X」のイメージが受け継がれており、八角形がモチーフの個性的なフロントマスク、クラッディングを強調させたサイド周り、ボディのワイドスタンス化や前後オーバーハング低減など、歴代RAV4と異なりSUVらしさを強調したデザイン。

SUV本来の『力強さ』、『頼れる相棒』を再定義

トヨタ 新型RAV4(北米仕様)

一方、インテリアは水平基調のインパネと骨太なセンターコンソール、エクステリア同様に多角形のモチーフや硬質素材/ソフトパッドの上手な使い分けなどにより、SUVらしい機能性を演出。シンプルなデザインだが質感は高くクラスレスな印象を受ける。

チーフエンジニアの佐伯禎一氏は「クロスオーバーSUVが当たり前になった今、改めて『SUVとは何なのか?』と考え直す必要がありました。そこでSUV本来の『力強さ』、『頼れる相棒』を再定義して再出発する……と言った想いで開発を行ないました。」と語る。

つまり、トレンドを追うのではなくSUVとしてのRAV4を追求したと言うことである。

今回は高級な「リミテッド」、スポーティな「XSE」、SUVテイストをより強調させた「アドベンチャー」と3つのスタイルを用意。

しかし、このクラスは様々なコンペティターが存在する。気になる存在は?

「よく聞かれるのですが、あまり考えていません。考えると自分がやりたい事がブレてしまうので……。なので『RAV4として何ができるか?』に注力しました。」

AWDを含めて走りの部分を徹底して見直し

では、新型で目指した事は何だろうか?

「内外装は解り易くシンプルに、そして強いメッセージ性を持たせました。ボディサイズは大きくすることより『大きく見せる』ことに注力したので、4代目とサイズはあまり変えていません。一方、RAV4の『4』は四駆なので、どのような路面状況でも安定して走らせるため、AWDを含めて走りの部分を徹底して見直しをしています。」

設定されるハイブリッドは、結果的にエコだよね……と言うイメージ

トヨタ 新型RAV4【ニューヨークショー2018】

パワートレインはガソリン/ハイブリッドをラインアップ。ガソリンはカムリで採用済みのダイナミックフォースエンジン(直列4気筒2.5リッター直噴)+8速AT、ハイブリッドはこのエンジン+モーターの組合せだ。

「ハイブリッドは燃費よりもドライビングファンに振っていて、スポーティグレード(HSE)として設定しています。結果的にエコだよね……と言うイメージですね。」

走りに一番こだわった

トヨタ 新型RAV4(北米仕様) Limitedグレード

プラットフォームはカムリが用いているGA-Kプラットフォームがベースだ。

「4代目はカローラ系が中心のMCプラットフォームを使用していましたが、新型は上級モデルのアイテムを用いることで、性能に余裕ができ、結果としてより高いレベルの走りを実現させることができました。」

ちなみにAWDシステムはRAV4独自仕様で、ガソリンの上級モデルに前後だけでなく後輪の左右駆動力配分も最適制御させる「ダイナミックトルクベクタリングAWD」、ハイブリッドは後輪の最大トルクを1.3倍に増加させた「新型E-Four」を採用する。

ニュル24時間仕様のTOYOTA C-HR Racing

「安心して気楽に、疲れずに走れることを狙いました。その為、ドライバーが狙ったところにスーッと向かうキッチリとしたクルマにするべく、弊社の評価ドライバーのトップガンにかなり協力してもらいました。やはりステアリングを切った時、加速/減速の気持ち良さはデータではなく感性の部分が大事なので、一番こだわった部分です。」

走りにこだわったトヨタのクロスオーバーSUVと言えば、ニュル24時間にも参戦したC-HRがあるが、RAV4も期待していい!?

日本向けは来年の春くらいに計画

トヨタ 新型RAV4(北米仕様)

そんなRAV4は世界戦略モデルとしてワールドワイドで展開されるが、気になるのは2016年で止まってしまった日本市場への再導入があるのか? ないのか? である。

「実は日本向けは来年の春くらいに計画をしています。現在は家族で、夫婦で、一人と言った『多様性』が求められています。RAV4は来年25周年を迎えますが、次の25年に向けて再挑戦と言った気持ちでいます。」

[Text:山本 シンヤ/Photo:トヨタ自動車]

トヨタ 新型RAV4 世界初公開の瞬間を動画でも観る

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ RAV4 の関連記事

トヨタ RAV4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ RAV4 の関連記事をもっと見る

トヨタ RAV4 の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2018/3/20~2018/4/20