autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 【比較】トヨタ 新型パッソ vs 三菱 ミラージュ どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2014/4/24 14:05

【比較】トヨタ 新型パッソ vs 三菱 ミラージュ どっちが買い!?徹底比較(2/2)

【比較】トヨタ 新型パッソ vs 三菱 ミラージュ どっちが買い!?徹底比較

トヨタ 新型パッソ vs 三菱 ミラージュ - フロント・リアシート対決-

トヨタ 新型パッソ プラスハナ三菱 新型ミラージュ

フロントシートは、新型パッソについては「1.0X・Lパッケージ」以上のグレードにベンチタイプが装備されている。

マイナーチェンジ前はプラス・ハナのみの設定だったが、新型パッソではベンチシートの設定が拡大された

座面の幅に余裕があり、座り心地もセパレートタイプよりも柔軟だ。

通常の走行ではサポート不足もなく、快適に仕上げられている。そしてこのベンチシートは、先に述べたようにATレバーをインパネに装着したからこそ実現できている。ATレバーが床に付いている、いわゆる「フロアAT」ではベンチシートは成り立たない。

ミラージュのフロントシートは、一般的なセパレートシートタイプ。座り心地もコンパクトカーの平均水準。快適とはいえないが、座面が底突き感を生じることもない。座面のサイズも相応に確保されている。

トヨタ 新型パッソ プラスハナ三菱 新型ミラージュ

リアシートは、新型パッソ、ミラージュのどちらも快適とはいい難い。

新型パッソは座面が短く、柔軟性が乏しいために座った時に底突き感が生じる。ミラージュも柔軟な座り心地ではないが、座面はパッソよりも少し長い。身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座った同乗者の膝先空間は、両車とも握りコブシ1つ半。コンパクトカーの中でも狭めになる。ただし、リアシートに座った乗員の足がフロントシートの下側に収まる配慮は見られ、さほど窮屈には感じない

頭上空間は、全高が高いこともあって新型パッソのほうが少し余裕がある。ミラージュの場合、身長170cmの乗員がリアシートに座ると、頭上空間がほとんど無くなるのだ。

トヨタ 新型パッソ vs 三菱 ミラージュ - 動力性能対決-

トヨタ 新型パッソ三菱 新型ミラージュ

運転感覚については、マイナーチェンジを経た新型パッソに未だ試乗していないので読者の皆さんには申し訳ないが、現時点(4月23日)での細かな比較は難しい。

そのため、カタログ上の動力性能の数値について比較してみよう。

新型パッソの1リッターエンジン搭載モデルは、最高出力が69ps(6,000rpm)最大トルクは9.4kg-m(4,400rpm)。対するミラージュは、最高出力69ps(6,000rpm)/最大トルクは8.8kg-m(5,000rpm)。カタログ値から見た予測では、最高出力は同じながらも新型パッソはミラージュよりも高トルクで発生回転数も低いので、運転がしやすい可能性が高い

ただし、車両重量は新型パッソが910kgでミラージュは870kgと、ミラージュのほうが軽い。エンジンやCVT(無段変速)の設定でも動力性能は影響を受けるから、現状では決定的な優劣の判断はしにくい。

ちなみにミラージュについては筆者も幾度か試乗しているが、3,500rpm付近から加速力が活発化する傾向はあるものの、極端な高回転指向ではない。3気筒エンジンのノイズは相応に聞こえて登坂路では力不足も感じるが、平坦な市街路を中心にした移動ならさほど不満はない

トヨタ 新型パッソ vs 三菱 ミラージュ - 装備・価格対決-

トヨタ 新型パッソ 女優の水川あさみさんとしずかちゃん三菱 新型 ミラージュのTVCMに登場する俳優の唐沢寿明さんと本仮屋ユイカさん

装備については、両車ともに自動ブレーキを作動させる衝突回避の支援機能は設定されていない。

安全面では、新型パッソはVSC(横滑り防止装置)を標準装備しているが、サイド&カーテンエアバッグはオプション設定。ミラージュは両方ともにオプションだ。 その上で価格を比べると、新型パッソで最も買い得な「1.0X・Lパッケージ」は「129万3,055円」。ミラージュ「M」は「123万3,360円」だが、横滑り防止装置の「ASC」(5万4,000円)を加えると、128万7,360円で新型パッソとほぼ同額になる。

機能と装備の違いは、新型パッソ「1.0X・Lパッケージ」には、フロントベンチシート、スーパーUVカットガラス、キーフリーシステム、リアシート中央部のヘッドレストなどが備わる。ミラージュ「M」は、99%UVカットガラス、タコメーター、エアコンのフルオート機能などを装着した。

装備の水準に大きな差はないが、若干ではあるが新型パッソが充実している。ミラージュではASCのオプション価格がやや高いことも影響している。今の相場は2~3万円なので、もう少し安く標準装備していれば、買い得度は新型パッソと同等となっただろう。

今は軽自動車の販売比率が上昇して、新車として売られるクルマの約40%を占める。 しかし、峠道を走る機会があったり、遠方まで出かけるユーザーの場合、コンパクトカーの方が用途に合うことも多い。

また、1台だけの所有ではコンパクトカーと軽自動車の1年間あたりの維持費は、燃費が同等なら税金を含めて3~3.5万円しか違わない。

コンパクトカーは日本の道路条件に合ったクルマだ。パッソやミラージュも衝突回避の支援機能などを含めてさらに充実を図れば、ユーザーの受けるメリットはさらに大きいものとなるだろう。

トヨタ パッソ 関連ページ

三菱 ミラージュ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ パッソ の関連記事

トヨタ パッソの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ パッソ の関連記事をもっと見る

トヨタ パッソ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24