autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ クラウンマジェスタ 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2009/4/28 18:30

トヨタ クラウンマジェスタ 試乗レポート(3/4)

トヨタ クラウンマジェスタ 試乗レポート

その心地よい静粛性に酔いしれて

V8 4.6Lエンジン

そんな新型マジェスタが搭載する心臓は、全てV型の8気筒エンジン。後輪駆動モデルには最高347psを発する4.6Lユニットが8速ATとの組み合わせで積まれ、4WDモデルには同じく280psを発する4.3Lユニットが6速ATとの組み合わせで搭載される。

テストドライブを行ったのは後輪駆動のGタイプ「Fパッケージ」車と、Aタイプ「Lパッケージ」車の2種。前者はシリーズの頂点に位置するモデル。後者はベーシック・グレードにアクティブ・ステアリングや専用アルミホイールなどを装着し、シリーズ中ではスポーティな位置づけが与えられた仕様だ。

いずれのモデルでもまず走り出した瞬間に驚かされるのは、その圧倒的なまでの静粛性の高さだ。「心地良いサウンドの演出というよりは、まずは音消しを徹底する事を考えた」という開発の姿勢には、異論があるという人もいるかも知れない。

例えばヨーロッパでは、こうしたサルーンでも乗る人に走りのダイナミズムを実感させるべく、不快な『ノイズ』は消し去りつつ「走り」を高揚させる『サウンド』は敢えて残すといった手法を採る方が一般的だ。しかし、マジェスタが「日本のための高級サルーン」を狙ったモデルであるのを踏まえれば、何らかのサウンドを聞かせるよりもまずはとことん高い静粛性を追求した方がより多くのユーザーの支持を得る事が出来る可能性は理解が出来る。

実はこのモデルが積む4.6Lエンジンは、5,000rpm以上ではなかなかたくましい「咆哮」を聞かせてくれる。が、実際にユーザーへと届けられたマジェスタの恐らく9割以上の個体は、そうした回転域は生涯使われる事はないのではなかろうか。「この心臓を使ったラグジュアリー・クーペでも開発されれば、また新たな魅力がアピール出来そうなのに・・・」とちょっと残念な気持ちになるのは、そんな実力を知った瞬間でもある。

オプティトロンメーター235/50R17 5本スポークタイプ走行ファイングラフィックメーター235/50R17 7本スポークタイプ

トヨタ クラウンマジェスタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ クラウンマジェスタ の関連記事

トヨタ クラウンマジェスタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンマジェスタ の関連記事をもっと見る

トヨタ クラウンマジェスタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21