autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ 新型クラウン(2012年12月フルモデルチェンジ)新型車解説 -斬新なフロントマスクは賛否両論!?-

新型車解説 2012/12/25 13:10

トヨタ 新型クラウン(2012年12月フルモデルチェンジ)新型車解説 -斬新なフロントマスクは賛否両論!?-(1/4)

トヨタ 新型クラウン(2012年12月フルモデルチェンジ)新型車解説 -斬新なフロントマスクは賛否両論!?-

国産高級セダンの主役、14代目となる新型クラウンが登場!

トヨタ 新型クラウン

セダンが売れない、大排気量車の販売が不振といわれる昨今だが、クラウンは高級セダンでありながら堅調に売れ続けている。

その理由は大きく分けて3つある。ひとつはLサイズセダンでありながら、ほかの多くの車種と違って海外向けではなく「日本人が抱く高級感」を追求し続けていること。

2つ目はディーラーであるトヨタ店の販売力だ。国内で約1,000店舗という規模を誇るのみならず、長年にわたってクラウンの販売に力を注ぎ、代替えユーザーを守ってきた。

3つ目はクラウンの伝統。初代モデルの投入は1955年に遡る。1954年に改名したランドクルーザーと並び、日本車ではきわめて長い歴史を持つ。セダンに限れば最長寿モデルだ。クラウンはトヨタ車の根幹に位置するモデル。国産高級セダンの主役ともいえる。

そのクラウンが、2012年12月25日にフルモデルチェンジを受けて14代目となった。

トヨタ 新型クラウン ロイヤルサルーンハイブリッド(ホワイト/白(本革))

新型クラウンにおける注目点としては、ハイブリッドを積むエンジンをV型6気筒3.5リッターから直列4気筒2.5リッターへと変更したこと。また、以前はハイブリッドを独立したシリーズ「クラウンハイブリッド」として位置付けていたが、新型ではクラウンロイヤルとクラウンアスリートの1グレードに含まれている。

また、ミリ波レーダーを使ったプリクラッシュセーフティシステムも進化。先行車との速度差が時速15~30kmの範囲なら、衝突の回避も可能だ。

さまざまな部分が進化した新型クラウンだが、読者諸兄を最も驚かせたのは“フロントマスク”ではなかろうか。

斬新なフロントマスクは、やっぱり賛否両論!?

先代クラウンアスリートトヨタ 新型クラウン アスリートSハイブリッド(レッド/赤(ファブリック))

長年にわたり、クラウンのフロントマスクは高級セダンらしいオーソドックスなデザインが採用されてきた。横長のバンパーが配置され、その上下にラジエターグリルを二分割するレイアウトだ。

ところが新型クラウンでは、バンパーの中央部がカットされ、上下に二分割されていたラジエターグリルを連結させた。アウディの「シングルフレームグリル」を連想させる造形で、フロントマスクには迫力が伴う。

クラウンは1999年に登場した11代目から、スポーティな「クラウンアスリート」を設定している。

この仕様は保守的なクラウンのイメージを変えるために設けられたので、斬新なフロントマスクも理解できるが、今回の刷新に至っては豪華指向のロイヤルにまで及んでいる。ロイヤルには法人需要も多く、フォーマルで背伸びをしない無難なセダンとして企業の社長が銀行に出向いたりする時にも使われる。

そのためか、ディーラーのセールスマンからは「新型クラウンのフロントマスクは賛否両論」との声が聞かれる。市場での評価は未知数だが、グレーのビジネススーツのようなクラウンに、大きな変革が図られたことは間違いない。

トヨタ 新型クラウン アスリートS(ブラック/赤(ファブリック))トヨタ 新型クラウン アスリートS(ブラック/赤(ファブリック))トヨタ 新型クラウン アスリートS(ブラック/赤(ファブリック))トヨタ 新型クラウン アスリートS(ブラック/赤(ファブリック))トヨタ 新型クラウン アスリートS(ブラック/赤(ファブリック))

トヨタ クラウンアスリート 関連ページ

トヨタ クラウンロイヤル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ クラウンアスリート の関連記事

トヨタ クラウンアスリートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンアスリート の関連記事をもっと見る

トヨタ クラウンアスリート の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21