autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム スズキの低迷打破への一手となるか!次期型「ワゴンR」の期待と不安

自動車評論家コラム 2016/7/25 17:05

スズキの低迷打破への一手となるか!次期型「ワゴンR」の期待と不安(1/2)

スズキの低迷打破への一手となるか!次期型「ワゴンR」の期待と不安

次期型で軽のトレンドジャンル超ハイトワゴンに挑む

左から)スズキ スペーシア、ホンダN-BOX、ダイハツ タント

今や軽自動車ジャンルの売れ筋モデルと言えば、常に超背高ワゴンのホンダN-BOXとダイハツ タントが1位と2位を占めている。

一昔前の人気車だったスズキ ワゴンRは同じような使い勝手を持つハスラーの登場で大幅に販売台数を落とし、今年1~6月の販売台数で7位!

そんな状況の中、ワゴンRがフルモデルチェンジするという。果たして盛り返せるだろうか?

燃費不正以前からスズキの低迷傾向は始まっていた。一番の課題が売れ筋の超背高ワゴンであるスペーシアの不振。

本来ならN-BOXやタントと“ガチ”で戦うべき車種にも関わらず、販売台数を見るとダブルスコアの負けっぷり。1~6月はN-BOXの9万5991台やタントの8万9361台に対し、スペーシア4万2181台である。

■次期「ワゴンR」が挑む競合ライバルたち(画像25枚)

なぜ売れない?商品比較では圧倒的に優れている

スズキ スペーシア

なぜ売れないのか。商品を比較すればスペーシアの方が圧倒的に優れていると思う。

例えば、三菱自動車は不正をしてまで良い数字にしようとしたJC08モード燃費。スペーシアのみ30km/Lを大きく超える32km/Lで、タント28km/L、N-BOX25.6km/Lだから、僅差やヘチマでなくスズキの圧倒的な勝ち。ここまで差がつけば、むしろスペーシアの方が売れて良いはずだ。

それなら室内の使い勝手で負けているかと思いきや、そんなこともなさそう。3車種ともにスライドドアだし、リアシートの使い勝手なども超微妙な差で勝ったり負けたり。数字や機能で決定的な違い見つけられず。

価格だって装備内容を考えると互角。いや、N-BOXと比べたらスペーシアの方が明らかにお買い得感強い。

■次期「ワゴンR」が挑む競合ライバルたち(画像25枚)

スズキ ワゴンR 関連ページ

スズキ スペーシア 関連ページ

ホンダ N-BOX 関連ページ

ダイハツ タント 関連ページ

スズキ ハスラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22