autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 マイルドハイブリッド搭載でクラストップの燃費へ「スズキ ソリオハイブリッド」[詳細解説] 3ページ目

新型車解説 2015/8/26 10:29

マイルドハイブリッド搭載でクラストップの燃費へ「スズキ ソリオハイブリッド」[詳細解説](3/4)

関連: スズキ ソリオ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志
マイルドハイブリッド搭載でクラストップの燃費へ「スズキ ソリオハイブリッド」[詳細解説]

ワゴンRに搭載されていた「ISG」を新型ソリオへ

エンジンは全車に直列4気筒1.2リッターを搭載する。基本的には先代ソリオと同じタイプだが、K12B型をK12C型へ進化させた。従来から設定のあった燃料噴射装置を2つ備えたデュアルジェットエンジンを全車に搭載している。

改善点としては、冷却水の流れるウォータージャケットの改良で冷却効率を向上。吸気ポートや燃焼室の形状を見直し、バルブ駆動の摩擦も抑えた。軽量化とコンパクト化も達成している。

スズキ ソリオバンディットハイブリッド

そしてワゴンRなどのSエネチャージと同様、モーター機能付き発電機の「ISG」を新たに搭載。このISGは、電装品に電力を供給するための減速時を中心とした「発電」、アイドリングストップ後の「再始動」、最長で30秒の「モーターアシスト」(ハイブリッド)を兼任する。

モーターの最高出力は3.1馬力、最大トルクは5.1kg-m(軽自動車のSエネチャージは2.2馬力/4.1kg-m)で作動時間も短いから、モーター駆動といっても軽微な支援にとどまる。それでも燃費を向上する手助けとしては有効だ。

またアイドリングストップ後の再始動は、ギヤを介するセルモーターに比べて静かに行える。

ちなみに軽自動車は「Sエネチャージ」の名称だが、ソリオはグレード名に「ハイブリッド」を付けた。それでも中身は基本的に同じだから、モーター駆動を積極的に行うハイブリッドとは機能がまったく違うことを付け加えておきたい。

コンパクトカーで最良の燃費となった新型ソリオ

新型ソリオ 高張力鋼板説明図新型ソリオ トーションビーム式リヤサスペンション

走りと燃費に関係する変更では、プラットフォームの一新も挙げられる。各部を大幅に見直し、骨格を直線的に配置することで、板厚を薄くしながら十分なボディ剛性を確保した。衝突安全性/走行安定性/乗り心地などを向上させた上で、軽量化も達成している。

その結果、新型の2WDの車両重量は930~950kgと軽い。先代型は1000~1060kgだったから、新型の車両重量は先代型の90%くらいだ。軽自動車のアルトやアルトラパンに続き、コンパクトカーでも軽量プラットフォームの採用を開始した。今後登場する次期スイフトなども同じベースを使う。

これに伴ってサスペンションも変更を受け、前輪側はストラットを踏襲したが、後輪側は従来のI.T.Lからトーションビームに変わった。形式としては、アルトなどと同様の変更だ。プラットフォームを含めて軽自動車との共通化ではないが、ボディ底面のクロス/サイドメンバーの配置などは良く似ている。

JC08モード燃費は、ハイブリッドを搭載した前輪駆動の2WDは「27.8km/L」だ。この数値はパッソの直列3気筒1リッターエンジン搭載車の「27.6km/L」を上まわり、コンパクトカーでは最良の数値になる。先代型のデュアルジェットエンジン搭載車は「25.4km/L」だったから、燃費の向上率は9%だ。ハイブリッドの機能を持たない標準ボディのGは「24.8km/L」になる。

新型の動力性能は、最高出力が91馬力(6000回転)、最大トルクは12kg-m(4400回転)。この数値は先代ソリオと変わらない。

スズキ ソリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ソリオ の関連記事

スズキ ソリオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ソリオ の関連記事をもっと見る

スズキ ソリオ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22