autoc-one.jp 記事・レポート 特集 グレード比較 スズキ パレット&パレットSW グレード比較 3ページ目

新車グレード比較 2009/9/24 16:00

スズキ パレット&パレットSW グレード比較(3/4)

関連: スズキ パレット Text: 松下 宏 Photo: スズキ株式会社
スズキ パレット&パレットSW グレード比較

スズキ パレットSW グレード比較/GSグレード

スズキ パレットSW G インパネ

内外装を差別化したパレットSWシリーズ。そのベースグレードとなるのが、GSグレード。

パレットの「G」と同じで4速ATとなる点が、ほかのグレードとのメカニズム上の相違点だ。

GSには、Gと違ってフロントSRSサイドエアバッグも標準で装備され、ディスチャージヘッドランプやフルオートエアコンなども装備される。

また、メッキインサイドドアハンドルやドアアームレスト、タコメーターなど、内装の仕様が少し上級のものになる点も標準系のGとの相違点だ。

だが、パレットSWのほかのグレードに比べると、後述のXSとの比較で見ても6スピーカーが2スピーカーになるほか、後席左側のパワースライドドアやLEDターンシグナルランプ付きドアミラー、セキュリティアラームなどが装備されない。

スズキ パレットSW グレード比較/XSグレード

パレット SW系の中心グレードとなるのがXSグレードで、XS以上のグレードは新開発の副変速機付きのCVT仕様となるのがポイント。

当然ながら、SWでもCVT仕様車は「エコカー減税」の対象になるから、購入予算の面で少し有利になる。

装備は、後席左側のパワースライドドアが標準で装備されるのがポイント。

最上級グレードのTSになると、両側パワースライドドアになるから、それに比べると物足りなさを感じる部分もあるが、パレットSWの売れ筋の中心になるのがこのグレードだろう。

スズキ パレットSW グレード比較/TSグレード

パレットの最上級グレードに位置するのがパレット SWのTSグレード。

TSグレードがほかのグレードと決定的に違うのは、ターボ仕様のエンジンを搭載していること。

パレットでは、「ターボエンジン」はTSだけに搭載されている。

TSのターボエンジンはCVTと組み合わされているが、ターボ車はエコカー減税の対象になっていないのが、やや残念なところだ。

装備面ではほかのグレードにはないSRSカーテンエアバッグが設定され、本革巻きステアリングホイールを採用することなども相違点となる。

TSにはハイグレードサウンドシステム装着車の設定もあって、バックモニター付きCDプレーヤーが標準装備されている。

このためにインパネセンターボックスがなくなるが、本革巻きステアリングホイールにはオーディオスイッチが装備され、ルーフスピーカーイルミネーションが装備されるなどの違いもある。

スズキ パレット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ パレット の関連記事

スズキ パレットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ パレット の関連記事をもっと見る

スズキ パレット の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27