autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 富士重工業がこのタイミングで“スバル”に社名を変えるワケ

自動車評論家コラム 2017/3/28 12:37

富士重工業がこのタイミングで“スバル”に社名を変えるワケ

関連: スバル Text: 国沢 光宏
富士重工業がこのタイミングで“スバル”に社名を変えるワケ

世界的にもブランドイメージが高い“スバル”を社名に

現在発売されているスバル車

2017年4月1日をもって『富士重工業』が『SUBARU(スバル)』という社名に変わる。会社の名前を変更するのは珍しくないけれど、自動車業界だと1984年に『東洋工業』が『マツダ』になって以来のこと。なぜ富士重工業はスバルに社名を変えるのだろうか? 以下、考察してみたいと思う。

まず『富士重工業』と『スバル』の名前はどちらが一般的だろう? おそらく日本人なら「同じくらいでしょうね」と感じるかもしれない。しかし。アメリカに代表される海外に行くと、圧倒的にスバル優勢なのだった。このことを痛感したのが、吉永社長だったかもしれません。

吉永社長曰く「航空機関係の仕事でアメリカに入って名刺を出すと反応はほとんどありません。けれどスバルを作ってる会社ですというと、途端に“あのスバルか!”となるんです」。今やアメリカに於けるスバルのブランドイメージは、驚くほど高い。いや、世界的に見てもスバルなのだった。

ブランドイメージは、株の世界でも大きな影響を与える。富士重工業の業績が低迷した15年ほど前、富士重工業の株価総額は4000億円前後。2000億円で過半数の株を買えてしまう。実際、ヘッジファンドから狙われていたのだった。ブランドイメージを作れば、株価も安定していく。

こうなると残る問題は富士重工業という伝統ある社名を無くしていいのか、ということが課題になってくる。これまた社内で調査したところ、懸念していた航空関連部門からの反対意見も出なかったそうな。考えてみたら航空関連部門にとってのルーツは『中島飛行機』なのかもしれない。

>>新生スバル第一弾の新型XVを写真で見る

中島飛行機100周年、むつら星誕生60年という年に

スバル360

また、普通なら社名変更しようとすれば、看板の変更に代表されるけっこうな投資をしなければならない。スバルの場合、ディーラーはすでにスバルだし、エンブレムも全く同じ。メールアドレスも自動車関連部門はすでにsubaru。名刺の富士重工業という部分をスバルに変えるくらいで済む。

ちなみに初めて『スバル』という名前を使った製品は1958年3月に発売された『スバル360』である。スバルは英語でなく、古来夜空で親しまれているプレアデス星団の日本名『すばる』(むつら星とも言う)にちなんでいる。スバルのエンブレムにある6つの星はその所以から来たものだ。

また、富士重工業は企業の祖である『飛行機研究所』が出来て今年で100周年を迎える。同時にスバル360から60年という素晴らしいアニバーサリー。社名変更をするなら今年しかないでしょう、という文句のないタイミングだったりする。

[Text:国沢光宏]

>>スバル車を写真で見る

筆者: 国沢 光宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル の関連記事

スバルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル の関連記事をもっと見る

スバル の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/23~2017/8/23