autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 “スバル好き(ヲタ)”視点から見るスバル レヴォーグ 新型車解説(後編)/マリオ高野

新型車解説 2014/5/23 18:50

“スバル好き(ヲタ)”視点から見るスバル レヴォーグ 新型車解説(後編)/マリオ高野(1/2)

“スバル好き(ヲタ)”視点から見るスバル レヴォーグ 新型車解説(後編)/マリオ高野

全3回に渡るマリオ氏のレヴォーグ新型車解説、いよいよ最終編!

スバル レヴォーグの発売日である6月20日まで、ようやくあと1ヶ月を切りました。

1月に先行予約を入れた人はすでに半年もの間待ち焦がれておられるわけですが、最初に予約を入れた人は誰よりも早く納車されることにより、納車後何ヶ月かは「真っ先にレヴォーグを乗り回す優越感」に浸ることが出来ます。それは壮大な満足感と充実感が得られるはず。先行予約した皆様、今しばらくの辛抱です!

ということで、今回は「“スバル好き”視点から見るスバル レヴォーグ 新型車解説」最終編となる後編をお送りいたします。メカニズムや走りだけで2企画分を費やしてもまだ書き足りないという状況ですが(汗)ここではレヴォーグの「実用性」について、スバルヲタ目線から解説させていただきましょう。

※過去のレヴォーグ解説記事は、以下からどうぞ!

“スバル好き”視点から見るスバル レヴォーグ 新型車解説(前編)/マリオ高野

“スバル好き”視点から見るスバル レヴォーグ 新型車解説(中編)/マリオ高野

実に難しい、スバル車におけるレヴォーグの位置付け

スバル レヴォーグスバル レガシィツーリングワゴン

まず、レヴォーグの実用性を語る前に「車格」について整理する必要があります。

スバル車のラインナップにおけるレヴォーグは、ボディサイズやエンジン排気量、最上級グレードの価格など、普通に見るとレガシィの下に位置づけられます。しかし、走りや内外装の質感では現行型のレガシィを凌駕しており、プレミアム性では現行型スバル車の最上級となるので、車格の上下関係がやや複雑化しました。

次期型で廃止されるレガシィツーリングワゴンの後継モデルとしての役割を担うことも含めると、車格としては同格のままプレミアム感を伴ったスポーツ性が向上したと見るべきで、それを前提に新旧レガシィや現行型インプレッサシリーズと比べて評価する必要があるのです。

スバル レヴォーグ

レヴォーグは、対現行型レガシィ比でボディの全長とホイールベースを10センチ短縮したことにより、後席の居住空間は現行型レガシィより狭くなりました。

乗員の居住スペースの目安となる室内長×室内幅×室内高の数値はインプレッサG4/スポーツとまったく同じ2,005×1,490×1,205mmですが、これをもって室内パッケージングはレガシィから後退したと判断するのは“早計です”。

スバル レヴォーグ

レヴォーグとほぼ同じボディ全長の先代レガシィの室内3サイズは1,840×1,445×1,190mmだったことを思うと、ボディサイズを抑えながらも先代レガシィよりはずっと広い室内空間を実現していることは特筆ポイント。

レヴォーグのベースとなったインプレッサG4/スポーツでも定評のある室内パッケージングの秀逸さは、G4オーナーである筆者自身も強く実感しており、そのDNAを色濃く受け継ぐレヴォーグには、5人乗りの中型ステーションワゴン車としてはほとんど不満のない空間が確保されていると断言しましょう。

インプレッサ譲りの開口部が大きく、かつ開く角度も大きいリアドアにより、足腰の弱った79歳の老母(身長145センチ)でも後席の乗り降りはラクであるなど、ファミリーカーとして掛け値なしに秀逸と評せる居住性と乗降性を備えています。

個人的には、後席には前後スライドや背もたれのリクライニングが備わってほしいところで、レヴォーグでもそれは実現されず、やや残念ではあるところです。

スバル レヴォーグスバル レヴォーグスバル レヴォーグスバル レヴォーグスバル レヴォーグ

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22