autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 スバル レヴォーグ(LEVORG)新型車解説/渡辺陽一郎 2ページ目

新型車解説 2014/1/7 17:58

スバル レヴォーグ(LEVORG)新型車解説/渡辺陽一郎(2/3)

関連: スバル レヴォーグ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 富士重工業/オートックワン編集部
スバル レヴォーグ(LEVORG)新型車解説/渡辺陽一郎

レヴォーグの寸法は、レガシィとインプレッサG4の中間くらい

車種名

レヴォーグ

レガシィツーリングワゴン

インプレッサスポーツ

全長

4,690mm

4,790mm

4,415mm

全幅

1,780mm

1,780mm

1,740mm

全高

1,485~1,490mm

1,535mm

1,465mm

ホイールベース

2,650mm

2,750mm

2,645mm

スバル レヴォーグスバル レヴォーグ

まずはスバル レヴォーグの成り立ちだが、プラットフォームはインプレッサスポーツ/インプレッサG4と基本的に共通。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2,650mmだからインプレッサより5mm長いが、ほとんど変わらない。

ボディサイズは全長が4,690mm、全幅が1,780mm、全高は17インチタイヤ装着車が1,485mm、18インチは1,490mmになる

インプレッサG4に比べると、全長は110mm長く、全幅はセダンの40mm広く、全高は20mmほど高い。レガシィツーリングワゴンとの比較では、全長は100mm短く、全幅は等しく、全高は50mmほど低い。最小回転半径は17インチタイヤ装着車が5.4m、18インチが5.5mだからレガシィと同程度だ。

つまり取りまわし性は、レガシィとインプレッサG4の中間と考えれば良いだろう。

試乗をしないで注文する「賭け」

スバル レヴォーグスバル レヴォーグスバル レヴォーグ

内装のデザインはインプレッサとほぼ同じだ。インパネには若干の違いがあるが、メーターやスイッチ類の配置はほとんど変わらない。前後シートの間隔も同等になる。リアシートの座面と天井の間隔は、ルーフ形状の違いによってレヴォーグが若干広い。それでもインプレッサスポーツのリアシートに座れば(G4はセダンだから頭上が少し狭い)、レヴォーグの居住性が分かるだろう。

レヴォーグの居住性はモーターショーの取材時に出品車両をチェックしたが、シートの座り心地などを含めてインプレッサスポーツとほぼ同じであった。レガシィツーリングワゴンに比べれば、背が低い分だけリアシートは少し腰の落ち込む座り方だ。足元空間も狭まるが、大人4名が快適に乗車できる。

エンジンは先に述べたように、水平対向4気筒の1.6リッターと2リッターで、双方ともにターボを装着する。いずれも直噴式だからDIT(ダイレクト・インジェクション・ターボ)だ。

2リッターの動力性能は、レガシィの2.0GT・DITを試乗すれば想像できると思う。最高出力は300馬力(5600回転)、最大トルクは40.8kg-m(2000~4800回転)と強力で、ギヤ比も等しい。加速力を正確に知りたいなら、レガシィB4の2.0DITを試したい。車両重量が1560kgで、レヴォーグ2.0GTと等しいからだ。

スバル レヴォーグ

問題は1.6リッターのターボ。これはレヴォーグに新搭載されるエンジンだから、既存の車種では確認できない。最高出力は170馬力(4800~5600回転)、最大トルクは25.5kg-m(1800~4800回転)とされ、ノーマルエンジンでいえば2.5リッタークラス。車両の性格とスペックから考えて2.0GTよりもチューニングは大人しく、ターボのクセを抑えていると思うが正確には分からない。このあたりが試乗をしないで注文する「賭け」になる。ちなみに使用するガソリンは、2リッターがプレミアム、1.6リッターはレギュラーだ。

スバル レヴォーグスバル レヴォーグスバル レヴォーグスバル レヴォーグスバル レヴォーグ

安定指向の自然なハンドリングに仕上げると思われる

スバル レヴォーグ

レヴォーグの駆動方式は、エンジンを問わず全グレードがAWD(4WD)のみになる。

JC08モード燃費は、1.6リッターの17インチタイヤ装着車が17.4km/L、18インチが16km/L。2リッターは13.2km/Lだ。レガシィツーリングワゴンの2.5リッターが14.4km/L、2リッターターボが12.4km/Lという点を踏まえると、相応に優れた数値になる。

特に1.6リッターにはアイドリングストップも装着され(2リッターにはレガシィ2.0GT・DITと同じく装着されない)、ダウンサイジングターボの効果を得ている。

サスペンションはフロント側がストラット、リア側がダブルウイッシュボーンによる4輪独立懸架。このレイアウトもインプレッサと共通だ。ただし車両重量は1.6リッターが1520~1550kg、2リッターが1560kgで、インプレッサの2リッター/AWD仕様と比べて200kg前後は重い。ボディが拡大されてターボも装着するからだ。インプレッサの方向性から考えて安定指向の自然なハンドリングに仕上げると思われ、ボディ剛性も向上させるが、これまた正確なところは分からない。

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21