autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル 新型インプレッサ 試乗レポート/渡辺陽一郎 3ページ目

試乗レポート 2011/12/20 20:57

スバル 新型インプレッサ 試乗レポート/渡辺陽一郎(3/4)

関連: スバル インプレッサG4 Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
スバル 新型インプレッサ 試乗レポート/渡辺陽一郎

セダンもハッチも快適な室内空間

スバル 新型インプレッサ 画像ギャラリー ← 東京モーターショーでも話題となった新型インプの画像ギャラリーはこちら!

スポーツとG4の運転感覚はほとんど同じ。ただし、厳密にいえばG4はセダンとあってボディ剛性が少し高く、乗り心地とノイズの面で有利になる。走行安定性は互角。G4は剛性は高いものの、後輪よりも後方にトランクスペースが張り出し、この部分にスペアタイヤも装着する(スポーツはパンク修理キット)。

慣性の影響を受けやすい面もあり、高剛性と相殺された。それでも峠道などで軽快な運転感覚を求めるなら、スポーツの2.0i-Sがベストだ。停車時にはアイドリングストップが作動。車両が停止して、ひと呼吸置いてからエンジンが止まる。

スバル 新型インプレッサ G4(4ドアセダン)

Nレンジに入れてもアイドリングストップの状態を維持するが、ブレーキペダルから足を離すと再始動。日産車やマツダ車と異なり、ブレーキペダルから足を離してもアイドリングストップを保つ機能はない。

これは考え方の違いだ。Nレンジでもアイドリングストップを保つと、ドライバーが勘違いして降車する時に備え、シートベルトの解除やドアの作動で再始動を行う機能が必要。ドライバーを慌てさせることに繋がるので、三菱車なども含め、ブレーキペダルを踏んでいる時だけアイドリングストップが働く。

再始動に要する時間は平均レベル。素早くはないが、反応の鈍さも感じない。再始動時のクランキングノイズは、1.6リッターエンジンでは不満はないが、2リッターは少し耳障りだ。

スバル 新型インプレッサ G4(4ドアセダン)

内装もチェックしよう。

インパネ周辺のデザインはオーソドックスだが、質感は高い。ソフトパッドも用いられ、手触りにも配慮している。フロントシートは、バックレストの背中から上側が少し柔らかい。腰の近辺は硬めだから疲労は感じにくいが、ユーザーによって好みが分かれる。座面の長さは十分。適度にボリューム感があって快適だ。

リア側は、床と座面の間隔を先代型に対して10mm拡大し、着座姿勢を最適化した。

座面の前側を適度に持ち上げて大腿部のサポート性も良いが、スポーツはG4に比べて座面前端の支え方が少し甘い。5ドアハッチバックはリアシートのバックレストを前に倒し、荷室を拡大する頻度も多いからだ。

荷室にアレンジした時の床の傾斜を抑えるため、座面の形状にも違いが生じた。

それでも4名乗車は快適。身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座る同乗者の膝先にはスポーツ、G4ともに握りコブシ2つ少々の余裕がある。先代型に対してホイールベースを25mm拡大した結果だ。フロントシートの下側に足が収まることもあり、快適に乗車できる。

リアシートの頭上空間は、スポーツが握りコブシ1個分、G4が半個分。長身の同乗者でなければ不満は感じないだろう。

スバル 新型インプレッサ 画像ギャラリー ← 東京モーターショーでも話題となった新型インプの画像ギャラリーはこちら!

スバル 新型インプレッサ G4(4ドアセダン)スバル 新型インプレッサ G4(4ドアセダン)スバル 新型インプレッサ G4(4ドアセダン)スバル 新型インプレッサ G4(4ドアセダン)スバル 新型インプレッサ G4(4ドアセダン)
スバル 新型インプレッサ スポーツ(5ドアハッチバック)スバル 新型インプレッサ スポーツ(5ドアハッチバック)スバル 新型インプレッサ スポーツ(5ドアハッチバック)スバル 新型インプレッサ スポーツ(5ドアハッチバック)スバル 新型インプレッサ スポーツ(5ドアハッチバック)

スバル インプレッサG4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサG4 の関連記事

スバル インプレッサG4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサG4 の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサG4 の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21