autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エコカーの真相 エコカーの真相/第三回 隠れた大物、台湾の電気自動車 2ページ目

エコカーの真相 2011/4/27 21:03

エコカーの真相/第三回 隠れた大物、台湾の電気自動車(2/3)

Text:
エコカーの真相/第三回 隠れた大物、台湾の電気自動車

台湾EV普及における中心的な存在となっている「Luxgen EV」

手動回生ブレーキを操作中の様子

まず、「Luxgen EV」 は静かだ。

日本人は電気自動車というと、「i-MiEV」「リーフ」の静かさが当然だと思っている。ところが、世界各地の電気自動車の多くは、インバータ(電動モーターの制御機器)が「キュワァ~ン」と高周波を出す。回生ブレーキがまるで電車のように「シュギュワァ~ン」と鳴ったりするのだ。

「Luxgen EV」における静かさのレベルは、「i-MiEV」「リーフ」並だ。ちなみに「リーフ」は静か過ぎる(?)ため、低速走行時は電動モータの作動音を演出して発生させ、歩行者への接近を知らせている。

「Luxgen EV」は、乗り心地も良好だ。

重量が約2トンという重量級だが、重ったるいという感じはしない。Luxgenのブランドイメージである、重厚で高級という雰囲気に直結している。

また、面白い機能が2つある。

手動回生ブレーキレバー

ひとつは、回生力の強弱調整ダイヤルだ。

アクセルオフで、 電動モーターが発電機に転換する際、回生エネルギーを発生させるのだが、その強弱(=抵抗力)をダイヤル調整出来る。

もうひとつは、手動回生ブレーキだ。

センターコンソールのシフトレバーのすぐ上、グリップ式の大きなレバーがある。これを下に動かして回生力を発生させるのだ。これは、回生力・強弱調整ダイヤルと併用して使う。

運転を担当する方は、通常の油圧式・足踏みブレーキを踏みながら、右手で回生レバーを上手く使う。

まるで電車のようだ。同車の開発担当者は「実験車両としてトライしてみたかった。量産車では足踏み式ブレーキに回生機能を組み込む予定だ」という。

曹副社長

また、裕隆汽車の曹中庸副社長は

「2014年には量産する。このミニバンのほか、SUVとセダンでのEVを出す」

と鼻息が荒い。

台湾の経済部(日本の経済産業省に相当)は、台湾国内でのEV普及を目指し、2000~2013年に合計3,000台の電気自動車で実証試験を行う。

その中心的な存在が、この「Luxgen EV」なのだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!