autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エコカーの真相 エコカーの真相/第三回 隠れた大物、台湾の電気自動車

エコカーの真相 2011/4/27 21:03

エコカーの真相/第三回 隠れた大物、台湾の電気自動車(1/3)

Text:
エコカーの真相/第三回 隠れた大物、台湾の電気自動車
台北市内の様子

台北で、台湾製の電気自動車・裕隆汽車「Luxgen EV」を試乗した。

裕隆を日本語で発音すると「ユゥーロン」。同社はルノー日産と関係が深い。でも、この「Luxgen EV」は日産「リーフ」との技術的な関係は全くない。

「Luxgen」は、裕隆汽車の高級ブランドとして2009年に発表されたばかり。現在、SUVの売り上げが好調だ。

デザインのイメージは、米GMビュイックを連想させる。実は裕隆汽車は台湾国内で、ビュイックでの販売一括権利を持っている。

「Luxgen EV」については2010年11月、電気自動車と燃料電池車の世界フォーラム 「EVS25」(中国・深セン市)で世界初公開された。その後、台北で開催された国際花博覧会会場で20台が実証走行を行ってきた。

今回、台北市で開催された「第一回台湾国際電動車両展(EV台湾)」を取材した際、裕隆汽車の幹部やEV開発担当者から「Luxgen EV」 に関する詳しい説明と試乗の機会を得た。

「Luxgen EV」のスペックは、最高出力150kw、最大トルク222Nm、満充電での航続距離はアメリカのテスト規格のLA4モードで200kmだ。

Luxgen EVの電池モジュール

車体の床下に搭載するリチウムイオン二次電池・電池パックには、パソコンなどに使う「18650」(直径18mmx長さ65mmの円筒型)を6,000本組み込んだ。

試乗コースは、台北市街中心部からひと山超えた先の台北動物園まで、往復約15km。途中、高速道路も使った。

今回は助手席での同乗走行であったが、それでも電気自動車としての「出来の良さ」は十分実感できた。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR