autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エコカーの真相 エコカーの真相/ゼロスポーツ破産が物語る、コンバートEVへの不安とチャンス 3ページ目

エコカーの真相 2011/4/5 16:12

エコカーの真相/ゼロスポーツ破産が物語る、コンバートEVへの不安とチャンス(3/3)

エコカーの真相/ゼロスポーツ破産が物語る、コンバートEVへの不安とチャンス

世界的にも逆風の強いビジネス

コンバートEVというビジネスは、アメリカに数社存在するが、PL(プロダクト・ライアビリティ/製造者責任)法に関連した訴訟も多く、事業として成り立たせるのが非常に難しいという現実がある。

欧州では、ドイツが近年、同国内の自動車関連規格団体のTUV(テュフ)が、コンバートEVの分野規定を策定したことで、数社が参入している。

そのなかには、e-wolf社など大掛かりな宣伝で「一攫千金」を狙う輩もいるが、多くの場合は事業性は低い。日本でもやっと、国土交通省が重い腰を上げて、コンバートEVに対する指針をまとめた。

でも、同省関係者からは「けっして推奨するワケではない」という言葉が漏れてくる。

こうして、コンバートEVには逆風が強い。

しかし、それは逆の発想も「アリ!」だ。つまり、もしかするとそこには「ビジネスチャンス」があるかも知れないからだ。

Youtubeが登場したころ、「著作権を無視した無謀で非常識なビジネス」と酷評された。100円ショップが登場したころ、「こんな安価で多品種では成り立つワケがない」と疑問視された。

楽天とライブドアが共にプロ野球界に参入しようとしたころ、「こんな新参企業、あっという間に消えてしまう」と、野球界の重鎮からこけ落とされた。

そして、現在のコンバートEVビジネス。自動車メーカー側からは「こんなもの、無理に決まっている」と言われている。

さて、5年後、10年後、コンバートEVビジネスはどうなっているのか?

ゼロスポーツの失敗を教訓に、「本当のビジネスの芽」が育つのかもしれない。

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!