記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 今、日本のユーザーがクルマに求めるモノ

過密化する東京の人口とクルマ事情/清水草一 (2/2)

Text :
今、日本のユーザーがクルマに求めるモノ

地方の空洞化現象を止めるには

地方へ行くと、駅前はまるでゴーストタウンだ。アーケード付きの商店街はあっても、店はシャッターを閉めたまま。県庁所在地であってもゴーストタウン化している!で、人々はどこにいるかと思うと、郊外のロードサイドにある大型店舗。「ザ・空洞化現象」である。

こういう状況が、買い物難民を増やしている。過疎地域に住んでいてクルマがないと買い物に困るのはまだしも、町の中心部に住んでいてもクルマがないと買い物に行けないようになりつつある。

これは、クルマを運転できない老人にとっては、生活環境の悪化以外の何物でもない。

こういう状況を改善しようと、「コンパクトシティ」を目指しつつある町もある。富山市は中心部に商圏を戻すべく、路面電車を再整備した。その他札幌、青森、仙台、豊橋などもコンパクトシティ化を目指しているが、一度空洞化した中心部を復活させるのは容易ではない。

なんだかんだ言って、すべてクルマで移動」ゔ る㶪ー狞