autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 未来の交通社会/竹岡圭のコラム

自動車評論家コラム 2009/10/13 14:13

未来の交通社会/竹岡圭のコラム

Text: 竹岡 圭
未来の交通社会/竹岡圭のコラム

未来のクルマはどうなる!?

日産 ランドグライダー
日産 ピボスズキ S-ライド

電気自動車が主流になると、これまでのクルマとカタチが変わるのでは?なんて囁かれていますが、確かにエンジンという内燃機関がなくなると、自動車メーカーの開発者に聞いても、自動車デザイナーに聞いても、クルマのレイアウトの自由度はグンと高まるという答えが返ってきます。

それをわかりやすく具現化したかのように、最近前後2名乗車のタンデムシートレイアウトのコンセプトカーが、モーターショーなどに登場するようになってきました。

もうすぐ開催される東京モーターショー2009でも、日産自動車がタンデムモデルを展示する予定です。

でもよく見ると、電気自動車ばかりじゃないんですよね。

例えばフランクフルトモーターショー2009で展示されていたVWのL1コンセプトはハイブリッドカーでしたし、ずいぶんと前のモーターショーでも、スズキが出した「S-ライド」コンセプトカーは、普通にガソリン車でした。

ハイブリッドや内燃機関でも、すでにこれだけユニークなモデルが登場していたとなると、電気自動車になっちゃったらどうなるのかしら…。なんてちょっと期待半分、ドキドキ半分ですが、もしかしたら日産が前回の東京モーターショーで出展したEV「ピボ」のように360度クルクル回転しちゃうようなクルマも、市販化されてしまう日が来るのかもしれませんね。

変わった乗り物に乗るのが大好きな私!

トヨタ i-REAL
トヨタ ウィングレットトヨタ ウィングレット

さて、実は私、いろいろな変わった乗り物に乗るのが大好きで、トヨタの「i-REAL」と「ウィングレット」などにも、これまで全部乗せていただいてきたのですが、実は上記のスズキ「S-ライド」にも乗せていただいたことがあるんです。当然のごとくナンバーはついていないので、敷地内でちょこっと乗るという感じでしたが、新しい乗り物に乗ったみたいで感動したのを覚えています。

コンセプトカーはかなり小回りの利かないモノでしたが、もし市販化に伴って小回り性がアップすれば、狭い街中はかなり便利だろうなぁと思います。

しかし、ロングドライブを考えると・・・。バイクは一体感というか体の密着感があるからいいけれど、タンデムシートのクルマの場合は、運転席と後席に1名1名だと、ちょっと感覚的に遠い感じがしちゃったり。

例えインカムとかで不自由なくオシャベリを楽しめたとしても、ラブラブデートなんかだったら、ちょっと寂しい気がしちゃうかもなぁ。まだまだウブだった私は、そんな感想をもったのでした。

でも、こんな風に移動ビークルが多様化してくると、なんだか新しいモビリティ社会ができそうでワクワクしますよね。あるところまではクルマで行って、そこからはセグウェイの小さい版とか、キックスクーターのようなもので出掛けるなんていうのが、当たり前になる世の中が来ちゃうのかもしれません。

乗り物好きな私としては、とても楽しみな未来の交通社会のお話でした。

筆者: 竹岡 圭
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!