記事・レポート 特集 イベントレポート 世界最大の痛車の祭典「痛Gふぇすた2015 in お台場」

世界最大の痛車の祭典「痛Gふぇすた2015 in お台場」 (1/3)

世界最大の痛車の祭典「痛Gふぇすた2015 in お台場」

痛車が1000台集結!これが今の痛車だ。

10月4日、お台場で開催された「痛Gふぇすた2015 in お台場」。集まった痛車は約1000台という世界最大の痛車イベントだ。

そもそも痛車は夢とこだわりをクルマというキャンバスに具現化したもの。その夢とこだわりの創造力は本当に驚くべきものがある。

また、魅せるためのクルマとして、自己満足に留まらない発想はカスタムカー業界をも巻き込んできているとも言える存在感を、痛車は放っているのである。

例えばこのS2000。モビルスーツをモチーフに作りこんだというが、グリル内の「モノアイ」が稼動するのだ。

また、クルマそのものへのこだわりをもってカスタマイズされる痛車もあった。

これはS15シルビアをベースにフロントはS30フェアレディZのGノーズ、リアはR34スカイラインGT-Rを移植し、日産のスポーツモデルをすべて取り込もうという夢とこだわりを具現化した一台だ。

スバルレガシーをフルオープン化したこの痛車は、その仕上がりもかなり丁寧。

珍車とも言えるようなクルマも痛い車になると一際光を放つといえる。このスズキ ツインはその好例であるといえるだろう。

これら、作りとして目につく痛車も数多く参加していたが、痛車の王道はグラフィック。さすがに全車を紹介するには数が多すぎるので、目についた痛車をアルバム形式で紹介しよう。

  1. Page1 世界最大の痛車の祭典「痛Gふぇすた2015 in お台場」
  2. Page2 輸入車にも広がる痛車の波
  3. Page3 企業出展だからこその気合の入った痛車

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!