autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー 『ジュネーブモーターショー2013』オートックワン特派員レポート/ttrs

モーターショー 2013/3/14 19:06

『ジュネーブモーターショー2013』オートックワン特派員レポート/ttrs(1/3)

Text:
『ジュネーブモーターショー2013』オートックワン特派員レポート/ttrs

カーソムリエ学生選手権において、ジュネーブへの切符を手にしたオートックワン特派員よる『ジュネーブモーターショー2013』のレポート!

カーソムリエとは

 オートックワン特派員:ttrsさん

カーソムリエ検定ベストスコア:90点/カーソムリエランキング:47位

オートックワン特派員 『ジュネーブモーターショー2013』レポート/ttrs

『ジュネーブモーターショー2013』オートックワン特派員レポート/ttrs

物心ついた頃から乗り物が好きで、小学生のときプレイステーションを買ってもらって、「電車でGO!」と「グランツーリスモ」を毎日交互にプレイしていた。

旅行も好きで、中でも印象深かったのは乗り放題きっぷを使った0泊7日や、免許取り立ての頃のレンタカー日帰り2,300キロドライブ。

中学生時代はチャリでスーパーカーを追っ掛けて撮った写真をホームページに掲載していたら、それを見たオーナーから撮影依頼が来たこともあった。

バイト先は外車もいっぱい揃っているレンタカー屋。

目標は在学中に学生ジムカーナ大会で優勝すること!車なしでは自分の人生は語れない。

将来欲しい車はTVR Sagaris。

今回、車好きな学生と企業がコラボすること自体が面白いと応募。その時は他の車好きな同世代やモータージャーナリストに会って話をしたいという気持ちが大きかった。

自分なんかよりも車に詳しい人はいっぱい居るのは知っていたから、まさか自分がジュネーブに行けるとは思わなかった。

【正直、純粋に楽しめるかは不安だったが…】

『ジュネーブモーターショー2013』オートックワン特派員レポート/ttrs

いつもの“カーショー”を見に行くのとは少し肩の張りと気分が違った。

なぜなら、今回は正式ではないにしろ、プレスとして、企業にスポンサードされた身として、そして選ばれた学生として行くからだ。

自分も心の底からジュネーブモーターショーに行きたかったけれど、同じ思いを持ちながら行けなかった人のことを考えたら、身の引き締まる思いがした。正直、純粋に楽しめるかは不安だった。

『ジュネーブモーターショー2013』オートックワン特派員レポート/ttrs
『ジュネーブモーターショー2013』オートックワン特派員レポート/ttrs『ジュネーブモーターショー2013』オートックワン特派員レポート/ttrs

しかし、その不安はモーターショー最初のプレスカンファレンスが行われたプジョーのブースで打ち消された。

堅苦しいプレゼンもそこそこに、けたたましい音楽が鳴り始めると同時にダンサーが車の周りを飛び回り、瞬く間にワールドプレミアの車にかけられたベールを剥いでいく。気づいたら、ショーを観ている観客の一人のようになっていて、とてもエキサイティングしている自分がいた。

プレスカンファレンス自体、日本における記者会見のような雰囲気で進行すると思っていただけに拍子抜けした。ただし、周りのジャーナリスト達は常に真剣な表情で、第一線で活躍するプロの仕事を垣間見ることが出来た。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!