記事・レポート 特集 モーターショー 学生特派員の熱き想いに心を打たれる!!『ジュネーブモーターショー2013』インサイドリポート/飯田裕子

学生特派員の熱き想いに心を打たれる!!『ジュネーブモーターショー2013』インサイドリポート/飯田裕子 (1/2)

Text :
Photo:
オートックワン編集部
学生特派員の熱き想いに心を打たれる!!『ジュネーブモーターショー2013』インサイドリポート/飯田裕子

ジュネーブショーに学生を連れて行く!?

それにしてもいきなり『ジュネーブショー“学生”特派員』=『ジュネーブに“ヤング”な“素人さん”を連れていく』企画を企てるとは、オートックワンさんも思い切ったものだ…(どうなっちゃうの?)と思いました。しかも私が彼らを添乗するなんて…。

しかし今私は学生特派員3人の表情を思い出し、すでに懐かしくニンマリしながらこのレポートを書いています。ショーの印象は彼らが彼ら自身の言葉でリポートをしてくれると思うので、私はインサイドリポートをご紹介したいと思います。

3人とも100パー(%)以上の好きモノ

まずは学生特派員の3名の男子。「いったいどんなヤツが行ったんだ」というところに興味があるのではない?

彼ら自身からも紹介はあるかもしれないけれど、私が接した印象からは、みんな想像以上にマニアックなクルマ好きでした。

しかも3名のうち2人は工業大学で機械工学や流体力学を学んでいることからメカニズムに興味がある男子もいれば、「どうも歴史から入っちゃうんですよね」なんて言う男子もいました。

ショーの前日、半日だけドライバーさん付のドライブ観光をした際、街中を行き交うクルマに興味を持つのは当然としても、ジュネーブ名物『レマン湖の大噴水』を見た際には、1500馬力の水圧で140mの水柱を上げているという説明から「エネルギー量を算出すると500馬力はロスしてますね。でもそのくらいの余剰がないと上がんないのかな」なんてすぐさま呟くメカニズム系男子に、「さすが~っ」なんてみんな感心させられたり…(笑)。

1人は文系で自らHPを立ち上げカーライフスタイルを提案したいと言い、クルマはもちろん個人オーナーをインタビューしては紹介しているのだとか。

また3名のうち1人彼女のいない男子は4年かけてお金を貯め購入したロードスターの助手席を軽量化のために取り外し、「今は彼女よりもクルマが一番でいいんです」なんて言う、なんともまぁ100パー(%)以上の好きモノです。でもそんな彼らが可愛くて微笑ましい。

3人は 「第1回カーソムリエ学生選手権」 の1次選考を上位30位以内でパスし、2次選考の筆記試験でも10位以内に入るほどのクルマの知識の持ち主。さらに2次選考の筆記試験の次に行われた面接や作文では誰を選んでも間違いはないと思えるほど選考は難しかったけれど、そんな中で選ばれた3名はやっぱり今回の特派員としてふさわしいメンツだったと思います。

クルマの知識は豊富でなくてもクルマ好きは沢山いるだろうし、もう少しフツーのクルマ好きにもチャンスがあってよかったんじゃないかとも思います。が、ヨーロッパの一部の街、スイスで動くクルマや交通文化がクと前一