autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート オトナになった3代目/新型 スマート フォーツー「edition 1」試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2015/11/7 01:31

オトナになった3代目/新型 スマート フォーツー「edition 1」試乗レポート(3/4)

関連: スマート フォーツークーペ , スマート フォーフォー Text: 河口 まなぶ Photo: 和田清志/メルセデス・ベンツ日本
オトナになった3代目/新型 スマート フォーツー「edition 1」試乗レポート

短く、よりワイドになった新型スマートフォーツー

新型 スマート フォーツー「edition 1」[限定車] 試乗レポート/河口まなぶ新型 スマート フォーツー「edition 1」[限定車] 試乗レポート/河口まなぶ

新型スマートフォーツーは全長2690mmx全幅1660mm×全高1550mmという3サイズ。全長は先代よりも短く再び2700mmを切り、一方で幅方向では100mmワイドになった。

だが、これはむしろポジティブな要素。

というのは、全幅が広がったことでタイヤがより深く切れるようになり、最小回転半径は3.3mと、先代モデル(4.3m)はもちろん、初代モデル(4.1m)よりも遥かに小回りが効くようになったのだ。

今回、試乗会では屋内カート場も走らせたが、それも3.3mの最小回転半径ならではのこと。通常の最小回転半径を持つ乗用車では、そんな狭いコースなど走ることはできない。

新型 スマート フォーツー「edition 1」[限定車] 試乗レポート/河口まなぶ

僕は六本木のスマート・コネクション(現在、メルセデス・ベンツコネクションが期間限定でスマート仕様になっている!)の近辺で試乗したのだが、都内の混雑した道路ではまさにスマートの実力が発揮された。

幅広になったとはいえナローな部類だけに、狭い隙間でも安心して入れるし、裏路地のような場所でも臆すことなく走っていける。

そのサイズからは想像出来ない、高速道路での安定感と安心感

新型 スマート フォーツー「edition 1」[限定車] 試乗レポート/河口まなぶ

しかし、その一方で感心するのが高い速度域でも走りの良さを披露すること。

今度のスマートは高速道路でも、多くの人を「ほお」と唸らせるほどの安定感と安心感を携えている。

今モデルから、フォーツーは限定モデルとして販売

新型 スマート フォーツー「edition 1」[限定車] 試乗レポート/河口まなぶ

東京モーターショーのプレスデイで2つの新しいスマートがお披露目されたのだが、すでに今回試乗した「smart fortwo(スマート フォーツー)」のほうは販売が始まっている。しかもfortwoは限定モデル”edition 1”を販売し、今後も限定車攻勢をかける販売方法をとるのだという。

つまり、その時々で魅力的なカラーリングや装備のスマート フォーツー限定モデルが発売される、ということだ。

[もうひとつのスマート「smart forfour(スマート フォーフォー)」とは・・・次ページへ続く]

スマート フォーツークーペ 関連ページ

スマート フォーフォー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スマート フォーツークーペ の関連記事

スマート フォーツークーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スマート フォーツークーペ の関連記事をもっと見る

スマート フォーツークーペ の関連ニュース

スマート 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26