autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トーヨータイヤ 新「TRANPATH(トランパス)」シリーズ 試乗レポート/飯田裕子 4ページ目

試乗レポート 2013/12/18 15:00

トーヨータイヤ 新「TRANPATH(トランパス)」シリーズ 試乗レポート/飯田裕子(4/4)

トーヨータイヤ 新「TRANPATH(トランパス)」シリーズ 試乗レポート/飯田裕子

『トランパス LuK』 ~軽初の専用プレミアムタイヤが登場~

トランパス LUK

上級モデルからのダウンサイジングニーズもあって、軽自動車ユーザーであってもよりしっかりとした走りを求めるユーザーが少なくない。近年の軽自動車は、そんなユーザーのニーズをくみとって、ヘッドクリアランスもたっぷりとあるトールワゴンタイプのモデルが圧倒的に増えている。おかげで多人数乗車で出かけたり、より多くの荷物を積んで長距離の移動をすることも容易になった。たとえ軽自動車を毎日の気軽な足として使うとしても、ハンドリングのしっかり感は安心感と頼もしさに繋がるはずだ。

先代のトランパスシリーズのなかにも軽自動車サイズは存在したが、今回から「トランパス LuK」が専用タイヤとして新たに投入された。お話をうかがっていて驚いたのは「採算度外視でタイヤを作っていい」という指示のもとで開発されたという点だ。その効果は今回試乗した新製品のなかで最もわかりやすかった。

トランパス LUK 突起乗り越し
トランパス LUK 走行トランパス LUK 走行

サーキット走行では60km/h程度であれば何も起きず、どんなラインでも走ることができた。レーンチェンジの身のこなしにはがスッキリ感がある。また速度を上げていってもその走りは良い意味で期待を裏切られた。コーナーの侵入でイメージ通りのラインを走ることができるのはもちろんだが、精神的な安心感とともに走ることができるのだ。ハンドルを切っていく最初の段階からしっかりとした手応えが得られ、コーナリング中には4輪の接地感はもちろん、外側にあるタイヤがしっかりと支えている感覚がわかる。これはワイドトレッド化や低溝容積化、そしてタイヤの外側のブロック剛性を高めるトランパスの新シリーズの手法に加え、軽自動車に初採用となる高剛性キャップも効いている。

タイヤの上に載るボディが一体となって移動している感覚が、タイヤによってこれほど変わるものかと筆者自身も非常に驚いた。おかげで軽自動車の性能の高さを改めて実感できるほどだ。

近年の軽自動車は車重が重くなるだけでなく、確実にボディ剛性も上がっている。ならばその良さを、走りの安心感や楽しさとともに活かせるタイヤ選びこそが、日常の軽カーライフすらも変えてくれると考えたい。

ちょっとお高いけど、その分納得のロングライフ性能

トランパス LUK(装着車:日産デイズ)

ところでLuKは店頭価格によって異なるものの、タイヤの価格は若干高めとなるようだ。しかしながらこれまでのタイヤと比べ摩耗ライフは20%ほど延び、最後まで履いた場合の費用はトントンくらいなる計算になるのだとか。「満足のいかない(けれど値段で選んだ)タイヤを1~2年履いて我慢するよりは、静かでシッカリ、そして安全運転ができるタイヤを選ぶほうが良いはずです」と開発者の方は自信を持っておっしゃる。「店頭で裸の状態でタイヤを押してみるとシッカリ感の違いは誰でもわかるはず」と強く太鼓判を押している。

筆者: 飯田 裕子
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!