autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ 911GT3 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/12/8 19:43

ポルシェ 911GT3 試乗レポート(2/3)

ポルシェ 911GT3 試乗レポート

昔の911を連想させる「辛口の快感」

ポルシェ 911GT3ポルシェ 911GT3

ポルシェ 911GT3のエンジンは、先代タイプ996でデビューして以来3.6リッターのままだったが、2010年モデルで3.8リッターへと拡大された。

しかしそれは、他の911が導入した直噴ユニットではない。高回転高出力型というGT3の個性をキープするために、ポート噴射タイプを継承している。

最高出力は435ps/7,600rpm、最大トルクは43.8kgm/6,250rpmと、旧型比で20ps、同排気量のカレラSより50psも高い。自然吸気エンジンながら100ps/Lを軽く越え、4リッター近い6気筒なのにレブリミットは8,500rpmに達する。ポルシェの技術力を思い知らされるスペックだ。

大きなダクトを開けたフロントのエアダム、巨大な固定式リアウイングを備えたボディは「公道で乗っていいの?」と思ってしまうほど好戦的。リアシートがなく、フロントシートがバケットタイプになるインテリアも、サーキットの匂いがする。

一方、装備では他のポルシェではおなじみの「PSM」と呼ばれる横滑り防止機構と、縁石などを通過するときのためにフロントの車高を30mm上げる「ライドハイトリフトシステム」が追加されている。

新型GT3が、いままでよりも公道寄りに立ち位置をシフトしてきていることがわかる。

ポルシェ 911GT3

エンジンは、始動した瞬間から空冷時代を思わせるメカの響きをダイレクトに届けてくれる。

クラッチはそれほど重くはなく、2,000rpmあたりでも加速するのだが、シフトレバーは剛性感のかたまりで、ゲートは確実だがタッチは重い。

そしてアクセルを大きく踏み込むと、4,000rpmで吹け上がりが鋭くなり、5,000、6,000と回していくにつれて勢いが増していく。そして、シフトアップインジケーターが点灯する8,000rpm(!)あたりまで一気呵成の加速をみせる。

加速そのものもフツーの911とは段違いだが、ただ速いだけではない。鋭いレスポンスやビートの効いたサウンドなど、昔の911を連想させる辛口の快感がダイレクトに押し寄せてくるのだ。

ポルシェ 911GT3ポルシェ 911GT3ポルシェ 911GT3ポルシェ 911GT3ポルシェ 911GT3

ポルシェ 911 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ 911 の関連記事

ポルシェ 911の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911 の関連記事をもっと見る

ポルシェ 911 の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円