autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 3008 海外試乗レポート/竹岡圭 編 2ページ目

試乗レポート 2009/7/15 15:00

プジョー 3008 海外試乗レポート/竹岡圭 編(2/3)

関連: プジョー Text: 竹岡 圭 Photo: プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社
プジョー 3008 海外試乗レポート/竹岡圭 編

ワクワクさせてくれるユニークなインテリアと、意外と大容量のラゲッジ

プジョー3008 インパネ
プジョー3008 スイッチプジョー3008 ヘッドアップディスプレイ

運転席に座ると、前述したとおりヒップポイント&アイポイントもしっかりSUVらしいものとなっているが、インテリアの雰囲気はあまりSUVらしくない。

しかし、これこそが狙い!

飛行機のコックピットをイメージしたということで、ズラリと並んだスイッチ類は、私が見てもユニークでワクワク感が高まる。これは、メカ好きの男性にはたまらないハズだ。

また、その感覚をより一層増してくれるのがヘッドアップディスプレイ。

これの特徴は、スピードやクルーズコントロールの状態、そしてディスタンスアラートとして、前走者との距離と時間を表示する。これは特にフランスの場合、車間距離の詰め過ぎで起こる事故が50%にも上ることから装備されたそうだ。

そして、センターコンソールも高めにしつらえてある。

SUVは、意外と予想以上に小物を入れるところが少なくて困ることがあるのだが、高めのセンターコンソールのおかげで、小物入れがたくさん装備されていることが特に女性にとっては嬉しいところ。

さらに、SUVらしからぬ包まれ感もあるので、安心感を持って運転できるのがイイ。

触った感触も、手が届くところはほとんど(なんとメーターフードまで)ソフトパッドになっているので、温かみが感じられてまさにSUVにはピッタリの演出なのである。

さらに大荷物もお任せアレ。

プジョー3008 ラゲッジプジョー3008 リアシート

ラゲッジは観音開き方式で、開口部が低めに開くために、重たい荷物もラクに積み込むことができる。

これは、週末に水を買って帰るという欧州の習慣に合わせたもの。

また、この開口部には女性2名が腰掛けることも可能で、ピクニックにお出掛けしたときの基地としても使える。トノカバーもアンダーフロアにしまえるので、スッキリ片付けられるし、ワンタッチで倒せる後席をアレンジすれば、サーフボードだって積み込める。つまり、外から見るよりも意外な大容量なのだ。

これは、おしなべてプジョー車のいいところと言っていいと思う。

またプジョー車というか、フランス車というか、固すぎず柔らかすぎずの包み込むタイプのシートがイイ。

後席もスペース的に十分で、適度な硬さとホールド感で体が揺すられないため、ロングドライブでも疲れ知らずなのだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー の関連記事

プジョーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー の関連記事をもっと見る

プジョー の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円

  • プジョー
    308

    新車価格

    279万円436万円