autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー RCZ 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/9/10 14:08

プジョー RCZ 試乗レポート(2/2)

関連: プジョー RCZ Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
プジョー RCZ 試乗レポート

パワフルな6MTと気軽に楽しめる6AT

さて、RCZには、エンジンとハンドル位置の違いによって、2種類のモデルが存在している。

右ハンドルの6速ATには156馬力版が、左ハンドルの6速MTには200馬力エンジンが組み合わされる。どちらも、1.6リッター4気筒ガソリン直噴にターボチャージャーが装着された最新型だ。

2台のカタチは同一だが、走りっぷりはまるで違う。

プジョー RCZ
プジョー RCZプジョー RCZ

6速MTは、ひとことで言ってスポーティ。

パワフルで、チューンされた排気音とキビキビとしたハンドリングが気持ちよく、山の中をいつまでも走っていたくなる。

1,350キログラムというRCZの重量に対して200馬力で前輪を駆動すると、オーバーパワーで扱い難くなってしまうのではないかと心配したが、碓井バイパスの中高速コーナー、和美峠の低速コーナーを何往復もして、それが杞憂であることがわかった。

200馬力のエンジンはレスポンスに優れて、パワフルだが、それをタイヤにきちんと伝え切れているのはシャシーとサスペンションが巧みだからだ。

プジョー RCZ
プジョー RCZプジョー RCZ

一方の6速ATは、“スポーティでスタイリッシュなクーペ”というRCZの本来のキャラクターがよりストレートに現れている。

6速MT版と比較してしまうと加速能力こそ限られているが、実用的にはまったく問題はない。

運転でトリッキーなところはまったくなく、気楽にRCZを楽しめる。

走りっぷりの次にRCZの魅力となっているのは、実用性の高さだろう。

プジョー RCZ

スタイリッシュなクーペスタイルから、窮屈な室内を想像してしまうかもしれないが、そんなことはない。適度にタイトなだけだ。驚かされるのはトランクスペースで、使いやすいに違いない、真四角の空間がポッカリと開いている。

リアシートの背もたれを倒すとさらに拡大し、大きなスーツケースをふたつ積み込んでも、まだ余裕がある。どんなにカッコよくキメ込んでも、こういった日常の使い勝手を決して疎かにしないのは、フランス車の昔からの美点で、RCZもその例に漏れない。

ただトランクが広いということだけではなく、タイヤやサスペンションの出っ張りを一切なくして使いやすくしているところに開発者の力量と意識の高さを見た。外見がスタイリッシュなクルマというのは、残念なことに、その分、車内に凸凹のシワ寄せが来るものなのだ。

スタイルと実用性。

RCZには、いい意味でのジキルとハイド的な二面性がある。派手な格好して毎晩遊び歩いているような美人(美男)が、家に帰ると実は家庭的で、身の回りの掃除、洗濯はキチンとこなし、料理のレパートリーなんかも和洋中で広かったりする。

男でも女でも、誰もホロッとされちゃうような人(クルマ)。RCZは、見掛けによらないクルマだ。

プジョー RCZプジョー RCZプジョー RCZプジョー RCZプジョー RCZ
筆者: 金子 浩久

プジョー RCZ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー RCZ の関連記事

プジョー RCZの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー RCZ の関連記事をもっと見る

プジョー RCZ の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27

  • プジョー

    新車価格

    354万円426万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円