autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 308 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2008/5/29 17:44

プジョー 308 試乗レポート(3/4)

関連: プジョー 308 Text: 松下 宏 Photo: 原田淳
プジョー 308 試乗レポート

猫足復活か!?余裕のトルクがしなやかな加速と足回りを披露

メーター
シフトタイヤ&ホイール

搭載エンジンはプジョーがBMWと共同開発した1.6Lの直噴ターボエンジンを搭載。シエロとプレミアム用は最高出力103kW(140ps)/最大トルク240N・m(24.5kg-m)で、GTi用は最高出力128kW(175ps)/最大トルク240N・m(24.5kg-m)のパワー&トルクを発生する。

今回試乗したのはベースグレードのプレミアムで、パワーの数値が低い方の仕様だが、これがなかなか好感の持てるもの。アクセルを軽く踏んだだけでもトルクの太さが感じられ、大排気量エンジンを搭載したクルマに乗っているような余裕が伝わる。わずか1400回転で最大トルクを発生しているのだから、それも当然だろう。

アクセルを踏み込むとターボのパワーが伸びて気持ち良く加速していく。ターボの効き方も段付きのあるようなものではなく、滑らかな加速フィールが得られる。

組み合わされるATは電子制御4速ATで、今どき4速というのはちょっと物足りない印象があるが、今回の308ではそれがあまり気にならなかった。トルクの大きさが、ATの段数など気にさせなくなっているのだ。

さらに好印象を受けたのは足回り。同じプジョーでも207に乗ったときはあまりに硬い足回りにこれがプジョーかと思うほどだったが、今回の308ではこれこそがプジョーという感じの当たりの柔らかな優れた乗り心地を味わわせてくれた。プジョーといえば猫足と言われるしなやかな足回りを特徴とするが、308 は正にプジョー本来の猫味が戻ってきた印象を受けた。

今回は試乗できなかったが、GTiにはパワフルな仕様のターボエンジンが搭載されている。マニュアル車だけの設定なので選ぶユーザーが限定される面はあるが、走りの面で大いに魅了させてくれそうなクルマである。

プジョー 308 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 308 の関連記事

プジョー 308の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 308 の関連記事をもっと見る

プジョー 308 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27

  • プジョー

    新車価格

    354万円426万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円