autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産シルフィ試乗レポート/松下宏

試乗レポート 2013/1/22 13:51

日産シルフィ試乗レポート/松下宏(1/2)

関連: 日産 シルフィ Text: 松下 宏 Photo: オートックワン編集部
日産シルフィ試乗レポート/松下宏

海外市場を意識して開発された日産を代表するミドルセダン

日産日産

 フルモデルチェンジを受けた日産のシルフィは、旧型モデルまではブルーバード・シルフィと呼ばれており、今回のモデルから単にシルフィと呼ばれるようになった。

ブルーバードの名前が消えることが大きな話題になったが、これも時代の流れだろう。日産車で古くからの名前が残っているのは、フェアレディZとスカイライン、キャラバンくらいになった。

新しいシルフィもブルーバードが担ってきた日産を代表するミドルセダンという位置づけは変わらない。

ただ、4月の北京ショーで発表されて、日本に導入されたのが12月ということからも分かるように、日本市場よりも海外市場を意識して開発されたクルマだ。

日産日産日産日産日産

世界市場を見据え、5ナンバーから3ナンバーへ

日産日産

これまで日本の5ナンバー規格に収まるクルマとして作られてきたのに、今回のモデルでは全幅が1760mmの3ナンバー車になったのも世界市場での販売を考えてのことだ。

全高は心持ち抑え気味の1495mmで、これまでのモデルに比べるとワイド&ローの均整の取れたプロポーションを持つ。

日本の5ナンバー規格は、そもそもが標準関税障壁として設定されたもので、クルマとしてのバランスを考えたものではない。シルフィくらいの縦横比がちょうど良いといえる。

外観デザインは端正な4ドアセダンといったイメージ。横から見ると大きなキャビンがセダンとしての居住性の高さを想像させる。全体にすっきりした感じのセダンらしい良いデザインだと思う。

内装のデザインも広がり感を演出したインパネや明るく見やすいファインビジョンメーター、木目調パネルなどによって質感が表現されている。

ソフトパッドを採用することなども含めてかなり良くできているが、どうせなら木目調パネルを連続感のあるものにして欲しかった。 また、パーキングブレーキレバーがセンターコンソールの左側の運手席から遠い位置にあるのは、左ハンドル仕様のままであることがひと目で分かる部分。日本に由来する自動車メーカーなのだから、日本向けの仕様を力を入れて作って欲しい。

日産日産日産日産日産

日産 シルフィ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 シルフィ の関連記事

日産 シルフィの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 シルフィ の関連記事をもっと見る

日産 シルフィ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26