autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 「リーフタクシー」神奈川県でEVタクシーが本格始動!/桃田健史 3ページ目

自動車評論家コラム 2011/2/8 13:16

「リーフタクシー」神奈川県でEVタクシーが本格始動!/桃田健史(3/3)

関連: 日産 リーフ Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史
「リーフタクシー」神奈川県でEVタクシーが本格始動!/桃田健史

「リーフタクシー」と通常のリーフとの違いは?

さて、EVタクシー用の「リーフ」、普通の「リーフ」とどこが違うのか?

電池容量、モーター制御など、基本的には普通の「リーフ」と同じだ。今回の合同出発式に参加した、日産自動車常務執行役員・川口均氏は

リーフタクシー(EVタクシー)車内の様子

「内装では、タクシー協会のご要望によりタクシー専用のダークグレーをご用意しました。またロゴのEARTHLYFRIENDSは、弊社のデザイン部署が作成しました」

と語った。車内での違いは、料金メーター、領収書プリンターが追加設置されているだけだ。

神奈川都市交通の小泉さん(女性ドライバー)は、

「以前は、クラウンコンフォートのタクシーに乗っていました。リーフは、トルクがスゴイし静か。いまのところ、航続距離を過剰に意識することはありませんね」

と笑顔で答えてくれた。

また筆者は、松沢知事、川口常務に対して

「環境省が補助した、電池パック交換型EVタクシーの実証試験を横浜でも行ったが、今回のEVタクシー導入で、電池パック交換式は検討したのか?」

と聞いた。それに対して松沢知事は

「確かに検討はした。だが、通常のEV用の急速充電はCHAdeMO(チャデモ)が主流だ。EVタクシーでも、便宜性、さらには電池交換式施設への設備投資額を考えて、チャデモ方式を採用した」

と答えた。川口常務は、

「弊社がアライアンスを組むルノーでは今後、一部の国で電池パック交換式を採用する事例はある。だが、電池パックの仕様を変えることは自動車設計において大きな変更点だ。神奈川のEVタクシーではチャデモ型のみで対応する」

とした。

リーフタクシー(EVタクシー)

日産は日産レンタカーで「リーフ」を400台導入、さらには沖縄のレンタカー業者でも100台規模で「リーフ」を導入するなど、電気自動車の商用利用が広がりをみせてきた。

だが電気自動車はいま、けっして「普及期」ではない。あくまでも「普及への準備期間」だ。

そのなかで、個人は「現状での電気自動車の長所・短所」を十分に理解した上で購入するべきだ。対して、タクシーやレンタカーなど商用では「実証実験的な要素、企業イメージアップ、燃料コスト削減、ドライバーの安全運転への意識」など、直接的なEV効果が見込まれる。

商用も個人用も、いろいろなEVで、EVどっぷり神奈川県。今後の動き、要チェックだ!

筆者: 桃田 健史

日産 リーフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21