autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 横浜ゴム、新型「DNA dB super E-spec」を発売

自動車ニュース 2010/2/24 12:09

横浜ゴム、新型「DNA dB super E-spec」を発売

新開発「サイレントリング」を搭載し、さらなる静粛性の高みへ

横浜ゴム DNA dB super E-spec

横浜ゴムは、新開発の吸音材「サイレントリング」を搭載し、静粛性をさらに高めた新型「DNA dB super E-spec(ディーエヌエー・デシベル・スーパーイースペック)」を2010年3月5日(金)から発売する。

発売サイズは従来同様、195/65R15 91H、185/65R15 88H、195/55R16 86Vの3サイズで、価格はオープンプライス。

「サイレントリング」は専用開発した吸音材をリング状にしたモジュールでタイヤ内部に組み入れる。路面からの衝撃によって空気がタイヤ内で振動する音(空洞共鳴音)を吸収することで、タイヤノイズを低減する。「サイレントリング」の搭載によって定評だった「DNA dB super E-spec」の静粛性を一段と高めることに成功した。

「DNA dB super E-spec」は2007年に発売したエコタイヤ「DNA」シリーズのフラッグシップタイヤ。エコタイヤ「DNA」シリーズ史上最高の低燃費性能に加え、原材料の80%に非石油系資源を使用するなど、あらゆる面において環境性能を高めるさまざまな技術を採用した。トレッドパターンには静粛性に優れる「DNA dB ES501」のパターンを継承している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!