autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ マークX モデルチェンジの内容

自動車ニュース 2009/10/19 13:42

トヨタ マークX モデルチェンジの内容

マークX:350S(ブラック)マークX:プレミアム(ブロンズマイカメタリック)マークX:250G“リラックスセレクション”(ブラック)マークX:プレミアム(ブロンズマイカメタリック)

トヨタは、マークXをフルモデルチェンジし、全国のトヨペット店(東京地区は東京トヨタでも販売)を通じて、10月19日より発売した。価格は、238.0万円から380.0万円の設定となる。(税込)

2代目となる新型マークXは、初代からの開発思想であるスポーティさと上質さをさらに熟成させ、本格FRセダンとしての資質を一層高めている。

【新型マークX 主な特長】

■躍動的なスタイルと走りを楽しむFRパッケージ

・「glam tech(グラムテック)」をデザイン開発キーワードに、ダイナミックな見ごたえを表現するおおらかな面質(グラマラス)と、近代感や精度感を表現する硬質な面質(テック)との巧みなコントラストによる、ダイナミックかつスタイリッシュなフォルム。

・前後ピラーの裾野を広げ、アンダーボディとの一体感を強めたエレガントで伸びやかなサイドシルエット。

・1,435mmの全高に、全幅およびトレッドを20mm拡大した、低重心スタイル。

・外装では、3連を強調したヘッドランプやメッシュグリル、内装では、円筒形状メーターやブーツ式のシフトレバーを採用し、スポーティ感を強調。

・FRの特徴を生かした54:46の前後重量バランスで、安定した走りを実現。

■スポーティな走行性能と上質な乗り心地の両立

・V6 3.5Lエンジンを新搭載。DRAMS(駆動力統合制御システム)を備えた6SuperECTを全車に組み合わせ、本格FRセダンにふさわしい、余裕のある上質な走りを提供。

・サスペンションの摩擦抵抗低減やアームの剛性を高めるなど足まわりの熟成を図り、リニアなステアリングフィールとフラットで上質な乗り心地を実現。

・モノチューブ式ショックアブソーバーとコンピューターによる減衰力制御を組み合わせたAVSを設定し、優れた乗り心地と操縦性・走行安定性を実現。

・車速に応じて前輪の切れ角を制御し、ステアリング操作を支援するVGRSを新たに設定するとともに、EPSの最適化によりドライバーの意思に限りなく近い操縦性を実現。

・エンジン、ブレーキ、ステアリングなどを統合制御し、高い車両安定性と予防安全性能を追求したVDIMを設定。

■環境負荷低減を追求

・CO2の削減を念頭に燃費向上を図り、2.5L車(2WD車)で13.0km/L、3.5L車(2WD車)では10.2km/Lと、クラストップレベルの低燃費を実現。

・2.5L車(2WD車)のリラックスセレクションは、省エネ法に基づき定められている燃費目標基準である「平成22年度燃費基準+15%」を達成(「環境対応車普及促進税制」および「環境対応車普及促進対策費補助金」の対象車)。

トヨタ マークX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ マークX の関連記事

トヨタ マークXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ マークX の関連記事をもっと見る

トヨタ マークX の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22