autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース strada Fクラス「CN-HX3000D」を新発売

自動車ニュース 2009/8/20 12:02

strada Fクラス「CN-HX3000D」を新発売

strada  HDDカーナビステーション Fクラス「CN-HX3000D」

パナソニック オートモーティブシステムズは、ストラーダ HDDカーナビステーション「Fクラス」の新製品「CN-HX3000D」を9月10日より発売する。価格は、365,400円となる。

「CN-HX3000D」は、業界で初めて、従来のワイドVGA液晶ディスプレイよりも2.4倍高精細の、ワイドXGA液晶ディスプレイを搭載したカーナビゲーションで。これにより地上デジタル放送や、同時発売の車載用ブルーレイディスクプレーヤー「CY-BB1000D」で再生するブルーレイディスクの高画質映像を車室内でもハイビジョン画質で楽しめる。

映像だけでなく、音響機能も強化。4スピーカーのままでも5.1chサラウンド相当の音響効果が楽しめる「SRS CS Auto Deluxe」を世界で初めて搭載、また、HDDに音楽録音する際、よりCDの原音に近い音質で録音できる「Hi-bit録音モード」を採用した。

さらにナビゲーション機能ではストラーダユーザー向けドライブコンテンツ「おでかけストラーダ」を強化。これまでの「Googleマップ」に加え、新たにYahoo!提供の「路線・地図アプリ」とも連携(2009年秋より順次連携開始予定)を実現、より幅広い情報からドライブスポットを検索し、ナビゲーションの目的地に設定できる。

■strada Fクラス「CN-HX3000D」特長

【業界初 7V型ワイドXGA液晶ディスプレイ搭載、ハイビジョン対応カーナビゲーション】

・業界初、7V型ワイドXGA液晶ディスプレイ搭載。ハイビジョンコンテンツの高精細な映像をより忠実に表現可能。

・地図情報もよりはっきりと、かつ明るく鮮やかに表示。

・「GoogleマップTM」やYahoo! JAPAN提供の「路線・地図アプリ」で調べたドライブスポットの位置情報も、目的地として設定可能。

【先進のAV機能を搭載し、最先端のエンタテイメント空間を実現】

・世界初 SRS CS Auto Deluxeを搭載。4スピーカーのままでも5.1chサラウンド相当の音響効果を車内で実現。

・80GBのHDDを搭載。CDの音源に近い音質でHDDへ録音できる「Hi-bit録音モード」を採用。

・iPod中継ケーブル付属、iPodアルバムアートワーク機能対応など、iPodとの連携を充実。

【別売りの車載用ブルーレイディスクプレーヤーとも簡単接続、ナビ側からタッチパネルで操作可能】

・別売りの車載用ブルーレイディスクプレーヤー(CY-BB1000D)とはHDMIケーブルと専用線で簡単に接続。

・カーナビのタッチパネルから車載用ブルーレイディスクプレーヤー(CY-BB1000D)を操作可能。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!