autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱、電気自動車i-MiEVを市場投入

自動車ニュース 2009/6/5 13:15

三菱、電気自動車i-MiEVを市場投入

7月下旬より法人・官公庁・自治体を中心にデリバリー開始、個人向け販売は2010年4月

三菱は、新世代電気自動車i-MiEVを本年7月下旬より国内市場に投入すると発表した。価格は、459.9万円(税込)となる。

世界環境デーとなる本日6月5日、「クルマ社会の、次の100年の扉を開くパイオニア」として公表された量産型の新世代電気自動車i-MiEV(アイ・ミーブ)。三菱における約40年の電気自動車技術の集大成であり、環境汚染、地球温暖化、石油エネルギーの枯渇など、自動車が直面する課題に対応する究極の環境対応車として市場投入するもので、今後、国内・海外の様々な企業・行政とも幅広く協力しながら、電気自動車の普及を推進していく。

2009年度の販売台数は、法人ユーザーや自治体等を中心に約1,400台を見込み、メンテナンスリースを基本に販売する。一方、個人向け本格販売については、2010年4月より開始する計画で、2009年7月下旬より受付を開始する予定としている。

i-MiEVは、リヤ・ミッドシップレイアウトのi(アイ)の特長であるロングホイールベースを生かし、大容量の駆動用バッテリーを床下に、パワーユニットをラゲッジルーム下に搭載。これにより、日常での使用に充分な航続距離の確保と、ベース車と同一の居住スペースやラゲッジスペースを両立した。

また、長年の電気自動車に対する研究開発から得られたノウハウを注ぎ込んだ、高度な車両統合制御技術「MiEV OS(MiEV Operating System)」を導入することで、新世代の電気自動車にふさわしい高性能・信頼性を実現した。

■i-MiEV主な商品特長

1)走行中のCO2排出ゼロ

走行中、CO2を含めた排出ガスを全く発生しない「ゼロエミッション車」である。 (発電時のCO2排出を含めても、iの約1/3のCO2排出量)

2)100%電気で走行

電気だけで走行するため、経済的であり、さらに、電力会社が提供する料金プランによっては、夜間の充電により、さらに電気代を抑えることも可能となる。

3)静かでキビキビ、快適な走り

エンジンを搭載しない電気自動車ならではの静粛性と快適な走りを実現。また、応答性に優れ、低速から高いトルクを発生する電気モーターの特性を生かし、iのターボエンジン搭載車を上回る、レスポンスの良い力強い走りを可能とする。

4)日常ユースに十分な走行距離

一充電走行距離は10・15モードで160km。日常ユースに十分対応できる走行距離を確保した。

5)3つの充電方法

自宅でも外出先でも充電できる3WAY充電システムを採用。AC200VおよびAC100Vの一般用コンセントから手軽に充電ができる普通充電(標準装備の充電ケーブルを使用)と、今後各所で設置が進む急速充電器での急速充電にも対応する。

【充電時間の目安】

・普通充電

電源がAC200V(15A)の場合は充電時間は約7時間(満充電)。

電源がAC100V(15A)の場合は充電時間は約14時間(満充電)。

・急速充電

電源が三相200V50kW(急速充電器側の電源)の場合は充電時間は約30分(80%)。

■メーカー希望小売価格

4,599,000円(車両本体、消費税込)

※クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金対象車。2009年度は139万円を上限として補助金交付可能。(車両登録前に、補助金交付申請を行い受理通知を受けていることが必要)

※画像をクリックすると、フォトギャラリーへリンクします。

三菱 アイ・ミーブ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アイ・ミーブ の関連記事

三菱 アイ・ミーブの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アイ・ミーブ の関連記事をもっと見る

三菱 アイ・ミーブ の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24