autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ダイハツ、自動車リサイクル法に基づく2008年度使用済自動車の再資源化等の実績を公表

自動車ニュース 2009/6/2 15:42

ダイハツ、自動車リサイクル法に基づく2008年度使用済自動車の再資源化等の実績を公表

関連: ダイハツ

ダイハツは、自動車リサイクル法に基づき、2008年度(2008年4月-2009年3月)における使用済自動車のASR、エアバッグ類及びフロン類(以下特定3物品)の再資源化等の実績を公表した。

自動車リサイクル法において、自動車メーカー等は特定3物品の引取り、リサイクル・適正処理の義務を担っている。

ダイハツは、ASRについては豊通リサイクルに、エアバッグ類及びフロン類については一般社団法人自動車再資源化協力機構に業務委託し、特定3物品の引取・リサイクルを適正かつ効率的に行っている。

その結果、ダイハツの2008年度の再資源化等の実績は、以下のとおり。

・ASRでは、25万9千台の使用済自動車から2.8万トンを引取り、2.2万トンを再資源化。再資源化率は79%となり昨年度に比べ3ポイント向上、昨年達成した2015年の法定基準70%以上を維持した。(車両のリサイクル実効率に換算すると約96%に相当)

・エアバッグ類では、5万台の使用済自動車に装備されていた9万7千個について、車上作動もしくは回収、再資源化施設への投入により再資源化を実施。回収での再資源化率は94%となり、法定基準の85%を達成している。

・フロン類についても19万2千台の使用済自動車から56トンを引取り、適正に破壊処理を実施。

以上の特定3物品の再資源化等に要した費用の総額は、ダイハツ内のシステム関連費、専任人件費を含み15億14百万円で、資金管理法人から払渡を受けた預託金総額14億63百万円を51百万円上回った。

ダイハツでは、今後も自動車リサイクルの着実な実践と効率化に全力で取り組んでいく。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ の関連記事

ダイハツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ の関連記事をもっと見る

ダイハツ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25