autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、減税措置適合車種を拡大

自動車ニュース 2009/4/22 17:00

日産、減税措置適合車種を拡大

日産、減税措置適合車種を拡大

日産 ティーダ日産 ティーダラティオ

日産は、ティーダ/ティーダ ラティオ/キューブ/ノート/ウイングロード/エクストレイル/セレナの7車種の燃費を向上させ、4月23日より全国一斉に発売する。

今回発売する、ティーダ/ティーダ ラティオ/キューブ/ノート/ウイングロードのHR15DEエンジン+CVT搭載の2WD車は、エンジンとCVTの制御変更を行い、燃費意識の高いベテランドライバーのような発進・加速ができるようにした。また、減速時のオルタネーターによるエネルギー回生や停車時のCVT制御(ドライブレンジでもニュートラル状態に制御する)についても、更なる改良を加えて燃費を向上させ、「平成22年度燃費基準+25%」を達成した。

また、セレナの4WD車、エクストレイルのMR20DEエンジン搭載4WD車も、CVTの制御変更等により燃費を向上させた。

これら7車種を含め、日産車全体で14車種が、本年4月から施行されている「環境対応車普及促進税制」による減税措置に適合し、自動車取得税と自動車重量税が50%あるいは75%減税される。

「エクストレイル 20GT(クリーンディーゼル車)」については、次世代環境車として、自動車取得税と自動車重量税が全額免除される。加えて、経済産業省のクリーンディーゼル自動車導入費補助事業において、本日より募集を開始する購入補助金の対象にもなっている。日産は減税措置に適合する車種を“「Nissan ECO」シリーズ”と総称し、軽自動車・商用車を含む本減税措置に適合する車種の幅広いラインアップをお客さまに提供し、さらなる拡販を目指していく。

【各車の燃費向上内容】

■ティーダ/ティーダ ラティオ

HR15DEエンジン+CVT搭載車は「平成22年度燃費基準+25%」達成、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、減税措置を受けることができる。

■キューブ

2WD車は「平成22年度燃費基準+25%」達成、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、減税措置を受けることができる。

■ノート

HR15DEエンジン+CVT搭載車は「平成22年度燃費基準+25%」達成、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、減税措置を受けることができる。

■ウイングロード

HR15DEエンジン+CVT搭載車は「平成22年度燃費基準+25%」達成、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、減税措置を受けることができる。

■エクストレイル

20XのCVT搭載4WD車、20Xt、および20Sの4WD車と20Stの一部車種はCVTの制御変更等により「平成22年度燃費基準+25%」を達成、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、減税措置を受けることができる。

■セレナ

4WD車はCVTの制御変更等により「平成22年度燃費基準+15%」を達成、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、減税措置を受けることができる。

日産 キューブ日産 ノート日産 ウイングロード日産 エクストレイル日産 セレナ
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ティーダ の関連記事

日産 ティーダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ティーダ の関連記事をもっと見る

日産 ティーダ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/16~2017/12/16